2015.10.15英語

「返り読み」解決の画期的方法とは?|ダン上野Jr.の英語上達とっておきの秘訣(4)

Pocket
LINEで送る

ダン上野Jr.

英語学習者の皆さん、こんにちは! 
東京SIM外語研究所 所長のダン上野Jr.です。
TOEIC・英会話の特効薬!「ダン上野Jr.の英語上達とっておきの秘訣」、今日はその4です。
さて、「返り読み」は一見すると日本人にとって大変なじみの良い訳でした。
ところが、これが諸悪の根元だったのです。
それは、とにかく「時間がかかる」ということです。    
TOEICや英検、TOEFL、海外からのビジネスメールを読む場合は「時間切れ」でアウトです。        

                                             今日は、この問題を解決する画期的な方法をご紹介しましょう。

 

 

漫画_728x90

 

●「返り読み」解決の画期的方法とは?

それが、スーパーエルマーの「SIM方式」です。
 
TVなどでよく見かける、あの同時通訳者の方法です。
同時通訳者は、英文を最後まで聴いてから文頭に戻って意味を考えたりはしません。

聞こえて来たままに適宜フレーズで区切り、その区切りごとに訳しています。
ですから、「返り読み」をしなくて済みます。

東京SIM外語研究所は、この技術を誰でもできるようにシステム化しました。 

それが「SIM方式」です。

下記をご覧ください。
――――――――――
I saw the painting / 私はその絵を見た
which she had bought / それを、彼女は買った
at the auction. / オークションで。
――――――――――

…順に説明しましょう。

1)まず、I saw the painting を「私はその絵を見た」と訳します。

2)次に、which she had bought を「それを、彼女は買った」と訳します。

3)最後に at the auction. 「オークションで」と訳します。

このように、英文を意味の取れるまとまり(センスグループ)で区切って訳します。

これなら、「返り読み」をする必要はありません。
文頭から文末まで一直線に理解でき、読み終われば全文の内容が把握できています。

関係代名詞 which も「返り読み」しません。

「何々するところの何々」という関係詞としては訳しません。
代名詞 it と見なして、「それを」と訳します。
ですから「返り読み」する必要がないのです。

 

● 知っているだけでは読めないフレーズリーディング

「この方法ならば知ってる…」という方が多いと思います。

実は「SIM方式」に類することは、すでに色々な所で言われています。
それらは、「フレーズリーディング」と総称されています。

ところが、これを知っているだけでは読めないんです。
なぜなら、「返り読み」は私達に頑固にしみついている悪い習慣であり…

適切な訓練を積まないと、まず克服することが難しいのです。
この問題に対して、東京SIM外語研究所は画期的な答えを持っています。

次回は、その答えを皆様にご紹介しましょう。

では、またお会いしましょう。

お楽しみに!

 

★シンプルにやれば英語は伸びる!1年でTOEIC 550点から720点に躍進!

中野靖弘さん(東京都)

 

「シンプルにやれば英語は伸びる!」 …いったいどういうことでしょうか?

今日は、受講生のひとりでシステムエンジニアの中野靖弘さんからコメントをいただきました。

中野さんは、わずか一年間でTOEICスコアが550点から720点にあがりました。

一挙に170点のスコアアップです!

その大躍進の秘訣は「期待」と「保持」にあった、と語っておられます。

いったい「期待」と「保持」とは何なのでしょう?

 

そのシンプルさを実感してください。
http://tokyo-sim.com/interview/pr/zadankai2.mp3

※音声は約7分です

中野さんのスコアはこちら
http://tokyo-sim.com/zadankai/score_nay/

 

漫画_300x250

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

●「SIM方式」によるリスニング講座「スーパーエルマー」

▼詳細はコチラ

http://www.tokyo-sim.com/index.php

 


 

●「SIM方式」によるスピーキング講座「スーパー・スピーキング」

▼詳細はコチラ

http://www.tokyo-sim.com/superspeaking/

 


 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。