2016.06.30英語

● 5文型がスッキリわかる!「第3文型」その1|ダン上野Jr.の英語上達とっておきの秘訣(39)

Pocket
LINEで送る

ダン上野Jr.

英語学習者の皆さん、こんにちは! 
 
東京SIM外語研究所 所長のダン上野Jr.です。

TOEIC・英会話の特効薬!「ダン上野Jr.の英語上達とっておきの秘訣」、今回は、 5文型がスッキリわかる!「第3文型」その1 です。

きっと英語上達のカギをつかむことができますよ。

 

 

 

      漫画_728x90

 

● 5文型がスッキリわかる!「第3文型」その1

今日から第3文型です。

ご承知のとおり、第3文型はS+V+Oです。

でも第3文型になっても基本は同じです。

文頭から、センスグループごとに「英語の語順」で inputする。

これが速く正確な理解のポイントになります。

では例文です。

———————————————-
We can make all kinds of arrangements by telephone.
———————————————-

 

例によって、これを、センスグループごとに句切ってみますが第3文型の場合は、ひとまずS+Vで区切りましょう。

 

すると、下記のようになります。

————————————————
We can make…all kinds of arrangements…by telephone.
————————————————

 

ここで注意すべきポイントは、

makeは「作る、する、させる」などと、場合によって意味を選択しなければなりないことです。

 

これらの意味を念頭に置いて次を読みます。

 

すると、

all kinds of arrangementsですから、

具体的な物を「作る」のではなく、「する」のだという訳を瞬間的に選択してください。

英米人はそのような頭の働かせ方をしています。

 

ところで、

all kinds of arrangementsは一番小さなセンスグループで区切って直読直解すると「あらゆる種類を…取り決めの」となります。

 

つまりこの文は「すべての種類を」と言っておいて、次に何の種類なのかをof arrangements「取り決めの」という形容詞句で説明しているのです。

 

最初の段階では、センスグループを細かく区切って読んでいくことが「ネイティブ思考力」を養う上で重要なカギとなります。

 

しかし、「ネイティブ思考法」が身についてくるにつれて、次第にセンスグループの spanを長めにとって把握していくことも可能になります。

 

ですから all kinds of arrangementsを一つのセンスグループとして捉え「あらゆる種類の取り決めを」と訳してもよいでしょう。

 

続きを読みましょう。

最後のセンスグループでは、

by telephone「電話で」と副詞句で、その手段が述べられています。

 

ですからSIM訳は下記のようになります。

————————————————————
私たちはすることができる … あらゆる種類の取り決めを … 電話で。
————————————————————

いかがでしょうか?

このようにセンスグループごとに、文頭からパッパッパッと意味を取っていくようにしてください。

     
…この続きは、また次回!

お楽しみに!

漫画_300x250

 

 

 

 

 

 

 


 「SIM方式」によるリスニング講座「スーパーエルマー」

▼詳細はコチラ

http://www.tokyo-sim.com/index.php


 「SIM方式」によるスピーキング講座「スーパー・スピーキング」

▼詳細はコチラ

http://www.tokyo-sim.com/superspeaking/


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加