2016.04.21英語

ボキャブラリー(語彙)の増やし方は?|ダン上野Jr.の英語上達とっておきの秘訣(29)

Pocket
LINEで送る

ダン上野Jr.

英語学習者の皆さん、こんにちは! 
 
東京SIM外語研究所 所長のダン上野Jr.です。

TOEIC・英会話の特効薬!「ダン上野Jr.の英語上達とっておきの秘訣」、その29です。

今回は、「ボキャブラリー(語彙)の増やし方は?」 というテーマです。

きっと英語上達のカギをつかむことができますよ。

 

 

      漫画_728x90

 

 

 

● ボキャブラリー(語彙)の増やし方は?

今回も、ユーザーの方からのご質問に答えたいと思います。

それは、

「ボキャブラリー(語彙)の増やし方は?」

というご質問です。

 

大人になってから単語帳などで語彙を増やそうとしても、努力の割には成果が上がりません。

 

それは、記憶力が減退していることと、覚える作業が単調で、すぐに飽きてしまうからです。

やはり、言葉は文章や文脈の中で覚えていくのが最も効果的ですね。

 

スーパーエルマーのHopでは、センスグループごとに英語と日本語が交互に吹き込まれています。

これを繰り返し聞いているうちに、自然に英語の単語や用法が身に付く仕組みになっています。

 

また、スーパーエルマーは興味深いニュースを素材にしてあります。

これで、印象的な場面のイメージが使われている英語としっかりと結びつくので、その英語は深く記憶に刻み込まれます。

いったん「SIM方式」を会得すると、急速にボキャブラリーが増えますよ。

 

つまり、「ネイティブ思考法」が身に付き、英語を頭からスラスラと理解できるようになるからです。

そうなれば、新聞や雑誌を読んだり、ビデオや映画を見ることが楽しくなります。

それで、ますます多くの英語に接するようになります。

 

記憶法としては古典的な方法ですが、単語を発音しながら書き写していくやり方が効果的です。

それは、目・口・耳・手などの感覚を一度に使って覚えていくからです。

このとき、関連語句はなるべく一緒に覚えるようにしましょう。

 

例えば、

The House of Representatives(衆議院)が出てくれば、

ついでに

The House of Councilors(参議院)も覚えるのです。

 

また、「語源学習法」といってラテン語やギリシャ語の語源を知っておくと良いですね。

言葉の構成要素から意味を推測できるようになり、難しい単語などの記憶を助けます。

 

読み物として手軽なのは、「週刊ST(ジャパンタイムズ刊)」「ASAHI WEEKLY(朝日新聞社刊)」などです。

これらは日本語の対訳付英字新聞です。

有効な利用法としては、興味のある記事を1つ選び、繰り返し「SIM音読」をするのが良いでしょう。

意味がわからないところは、日本語訳で内容を確認し、内容を理解した記事を、繰り返し「SIM音読」します。

その時、覚えようとする新出単語は、特に意識的に意味を押さえながら音読します。

 

…この続きはまた次回!

 

次回の「英語上達とっておきの秘訣」 は、「その他のご質問に答えます」です。

 

お楽しみに!

漫画_300x250

 

 

 

 

 

 

 

 


 「SIM方式」によるリスニング講座「スーパーエルマー」

▼詳細はコチラ

http://www.tokyo-sim.com/index.php


 「SIM方式」によるスピーキング講座「スーパー・スピーキング」

▼詳細はコチラ

http://www.tokyo-sim.com/superspeaking/


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加