2015.12.17英語

英語力が伸びない理由とその対策は? |ダン上野Jr.の英語上達とっておきの秘訣(13)

Pocket
LINEで送る

ダン上野Jr.

英語学習者の皆さん、こんにちは! 
 
東京SIM外語研究所 所長のダン上野Jr.です。

TOEIC・英会話の特効薬!「ダン上野Jr.の英語上達とっておきの秘訣」、その13です。

今回は、「英語力が伸びない理由とその対策は?」というテーマです。

きっと英語上達のカギをつかむことができますよ。

 

   漫画_728x90

 

 

● 英語力が伸びない理由とその対策は?

時々、「英語力がなかなか伸びないのは、自分の能力不足でしょうか?」と質問する方がおられます。

もしあなたもそう思っておられるなら、そのように考えるのはやめた方が良いですね。

それでは絶対に英語は上達しないでしょう。

英語力が伸びない原因は、実は能力や努力とは別のところにあるからです。

どういうことかと言いますと、「効率の悪い学習法によってムダな努力をしている」ということです。

例えば、よく耳にする次のような学習法があります。

 ・子供が言葉を覚えるのと同じ方法でやればOK …

本当に、そんな方法で学習効果が上がるでしょうか?

確かに、どこの国の子供も、自然に母国語を覚えます。

でもそれは子供だからできることで、大人になってからでは無理なのです。

なぜなら、次に述べるように条件が違いすぎます。

1)日本人の大人は、すでに日本語という母国語を身につけています。

 その体に染みついた「日本語の思考法」が、外国語習得の邪魔をします。

(2)日本人の大人は、学校教育によって、知識偏重の「受験英語」や訳読偏重の「使えない英語」を身に付けてしまっています。

  これが大きな障害となっています。

(3)大人と子供では脳の働きが違います。大人になればなるほど記憶力が減退します。

(4)忙しい大人が決定的に幼児と異なるところは「時間」がない、ということです。

 赤ちゃんが生まれてから小学校に入学するまでに、母国語に触れている時間が約3万時間あります。
 それに比べて日本の大人の英語学習時間は、せいぜい1日2時間取れればよい方でしょう。
 3万時間を消化するのに、何と40年もかかります。

…いかがでしょうか?

ですから、「子供が言葉を覚えるのと同じ方法で…」のやり方では無理なのです。

これでは、どれだけ「ムダな努力」を続けることになるか分かりませんね。

結局、「大人には大人の学習法がある」ということです。

次回の「英語上達とっておきの秘訣」 は、「聞き流すだけで英語が話せる?」です。

…お楽しみに!

 

 漫画_300x250

 

 

 

 

 

 

 


 「SIM方式」によるリスニング講座「スーパーエルマー」

▼詳細はコチラ

http://www.tokyo-sim.com/index.php

 


 「SIM方式」によるスピーキング講座「スーパー・スピーキング」

▼詳細はコチラ

http://www.tokyo-sim.com/superspeaking/

 


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加