2015.11.19社会人英語

Jumpで最後の仕上げ|ダン上野Jr.の英語上達とっておきの秘訣(9)

Pocket
LINEで送る

ダン上野Jr.

英語学習者の皆さん、こんにちは!
東京SIM外語研究所 所長のダン上野Jr.です。

TOEIC・英会話の特効薬!「ダン上野Jr.の英語上達とっておきの秘訣」、今日はその9です。

これまでHop,Skip&Jumpのうちの Hopと Skipについてご説明しました。
今回は、Hop,Skip&Jumpの最後の段階である Jump(ジャンプ)です。

 

 

 

漫画_728x90

● Jumpで最後の仕上げ

Jump は Hop,Skip&Jumpトレーニングの最後の仕上げです。

この Jumpでは、そのままの元の英語を聴きます。

実際に、スーパーエルマー「CBSコース」のJump音声を聴いてみましょう。

http://www.tokyo-sim.com/trials/audio/cbsjump.mp3

 

この音声を聴いただけでは、さっぱり意味がわからないかもしれません。

でも、HopとSkipでトレーニングを積んできた人は、この段階でかなり 「ネイティブ思考法」が身に付いています。

ですから、元の英文Jumpを聴いても、瞬間的にその意味がわかるようになります。

 

ただし、Jumpの段階で気を付けなければならないことがあります。

 

それは、センスグループで区切られていない元の英文なので 「返り読み」に戻る可能性がある、ということです。

ですから Jump では、流れてくる音声をセンスグループごとに意味を取っていく、という意識が大切です。

そしてまた、スーパーエルマー受講の中には、Jumpばかりを聴く人がいます。

 

これは大きな間違いです。

 

Hop,Skip&Jumpトレーニングの秘訣は3つをバランス良く聴くことが大切です。

むしろ最初のうちは、HopとSkipの2つの段階を重視して聴く方が良いでしょう。

なぜならスーパーエルマーのHop,Skip&Jumpトレーニングは、「意味がわかったらおしまい」ではないからです。

むしろ、「意味がわかったものを、英語の語順で区切りごとに繰り返し何度も聴く」

 

…この作業がとても重要です。

 

だからこそ、「英語の語順」で意味のまとまりごとに、パッパッと英語がわかるようになるのです。

そしてまた、トレーニングを積むうちに、英語を「どこで区切るか」という感覚も自然にわかるようになります。

日本人は、日本語を意味のまとまりごとに区切って理解しています。

これと同様に、「ネイティブ思考法」が養成されれば、英語も意味のまとまりで区切ることができるようになります。

以上、以前から2回にわたってスーパーエルマーの学習理論、 Hop,Skip&Jumpを解説しました。

この Hop,Skip&Jumpで訓練すると、驚くほどのリスニング力が身に付きます。

 

「ホントかなー?」

「これだけで実際、伸びるのかなー」

…と思われるかもしれません。

 

でも、論より証拠です。

 

今日は、田中さんのインタビュー音声を聞いていただきましょう。

田中 真(まこと)さんは、10年近い海外赴任を経験されました。

つまり、英会話のベテランです。

でも、そんな田中さんも大きな悩みがありました。

 

それは、「英語の会議」でした。

 

会議の議事録を書く時など大体はわかるのですが、細かい部分になると、どうしても理解できない。

これが田中さんの悩みでした。

 

そこで田中さんはスーパーエルマーを受講。

結果的に、855点から伸びなかったスコアが、5か月で935点に伸び、

さらには970点まで躍進して、今では余裕で英語の会議をこなしておられます。

田中さんのインタビュー音声の中に、あなたのスコア躍進の秘訣も隠されていることでしょう。

 

http://tokyo-sim.com/interview/pr/interview.mp3
※音声は約7分です

 

・スコアはこちら
http://tokyo-sim.com/interview/score_tam/

 

いかがですか?

これが、スーパーエルマー「Hop,Skip&Jump」の威力です。

あなたもスーパーエルマーで、英語力の大幅アップを体験してみませんか?

 

次回の「英語上達とっておきの秘訣」 は、「本当に力の付く英語教材とは?」です。

…お楽しみに!

 

 

漫画_300x250

 

 

 

 

 

 

 

 


 「SIM方式」によるリスニング講座「スーパーエルマー」

▼詳細はコチラ

www.tokyo-sim.com/index.php

 


 「SIM方式」によるスピーキング講座「スーパー・スピーキング」

▼詳細はコチラ

http://www.tokyo-sim.com/superspeaking/

 


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。