2015.11.05社会人英語

最初は日本語の助けを借りる|ダン上野Jr.の英語上達とっておきの秘訣(7)

Pocket
LINEで送る

ダン上野Jr.

英語学習者の皆さん、こんにちは! 

東京SIM外語研究所 所長のダン上野Jr.です。

TOEIC・英会話の特効薬!「ダン上野Jr.の英語上達とっておきの秘訣」、今日はその7です。

 

 

 

 

 

前回は、「SIM方式」に対する「ブツ切れ日本語が不自然」という誤解を晴らしました。

「ブツ切れ日本語」だからこそ効果が出る、というお話でしたね。

今回も、「SIM方式」に対するもう一つの誤解についてお話します。

それは、Hopについている日本語訳についての誤解です。

 

漫画_728x90

 

 

●最初は日本語の助けを借りる

Hopでは、英語をセンスグループで区切って、区切りごとに日本語訳が付けます。

この日本語訳に対して、「英語は英語だけで理解すべきだ!日本語はいらない」という方がおられます。

でもこれは誤解なんです。

実は、この日本語訳が大きな働きをします。

 

Hop についている日本語訳、これを SIM訳と言います。

このSIM訳がセンスグループごとの英語とガッチリ結びついて、 「内容を理解」する上で強力な助っ人になります。

 

具体的にご説明しましょう。

前々回聴いていただいたHop音声は、スーパーエルマー「CBSコース」の A Better Way? というトピックから取られています。

このトピックの中に、correspondent という言葉があります。

correspondent は「特派員」という意味ですが、ここでちょっと実験してみたいと思います。

試しに correspondent を、「特派員」という日本語の助けなしに、全く英語だけで単語の意味を考えてみましょう。

はい、correspondent という単語は、どういう意味でしょうか?

「特派員」という日本語を使ってはいけませんよ。

「英語だけで」、correspondent の意味を考えてください。

 

…いかがでしょうか? 

 

ちょっと、それは不可能ですね。

なぜなら日本人にとって correspondent は「特派員」という日本語と結びついて、はじめて具体的なイメージがわくからです。

correspondent = 特派員 ですね。

このように日本語の助けを借りるからこそ、英語が具体的なイメージとしてバチッと頭脳に刻み込まれます。

これは日本語だから可能なこと。

英語だけでは漠然としてしまってダメなんです。

 

それは、私たちが日本人だからです。

日本人なので、脳の中に意味を形成する力は、他のどの言語よりも日本語が優れています。 

日本語にこれほどの力があるのなら、私たちは日本語を使わない手はありません。 

これが、Hopに付けられた日本語の役割なんです。

 

もちろん、「英語を英語のまま理解する」ことは可能です。

事実、多くの上級者はその域にあります。

そして、「英語を英語のまま理解する」ことは英語学習の最終目標であるべきです。

しかし学習の最初の段階からそれを目指すことには、かなりの無理が伴います。

はじめからそれができる人は、まずいないでしょう。

 

ですから、一般的には「日本語を最大限に利用すること」、これが英語上達の近道です。

そして、英語のみにシフトするのは次の段階で良いのです。

 

●ニュース英語は聞けば聞くほど役立つ!TOEICリスニング満点の山口さん

ここで、東京にお住まいの山口香菜子さんをご紹介します。

山口さんは、スーパーエルマーを受講してTOEICリスニング満点を獲得されました。

その山口さんにインタビューしました(ここから↓)

ニュース英語は聞けば聞くほどお役立ち単語も多いです。

生活に密着しているので、ボキャブラリービルディングにも相当役立ちました。

スーパーエルマーの高速英語に慣れてくると、通常スピードが、なんだかじれったいです。

ちょうど、そんな風に思ったころに満点を取ることが出来ました。

本当に嬉しいです。ありがとうございました。
      
・満点スコアを見る
https://www.tokyo-sim.com/aspt_yak/

いかがですか?

これが、スーパーエルマー「Hop,Skip&Jump」の威力です。

次回の「英語上達とっておきの秘訣」 は、「Skip で日本語から離れる」です。

…お楽しみに!

 

 

漫画_300x250

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

●「SIM方式」によるリスニング講座「スーパーエルマー」

▼詳細はコチラ

www.tokyo-sim.com/index.php

 


 

●「SIM方式」によるスピーキング講座「スーパー・スピーキング」

▼詳細はコチラ

http://www.tokyo-sim.com/superspeaking/

 


 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。