2016.02.23大学受験

【大学受験】東京理科大学・理学部B方式の英語はここがポイント!傾向と対策

Pocket
LINEで送る

首都大学東京の偏差値

大学入試の中でも、避けて通れない科目は英語です。

大学・学部によっては、他教科と比較し英語の配点が高い場合も多く、

文系・理系問わず英語対策は合格のカギを握ると言っても過言ではありません。

 

今回は、東京理科大学・理学部B方式の英語の傾向と対策をご紹介します。

ぜひ、参考にしてください。

 

【傾向】

○出題形式

試験時間は、60分。

大問は、数理情報科・応用物理・応用化学科は2013年度までは4題でありましたが、2014年度は数・物理・科学科とともに大問2題の出題でした。

マークシート法と記述式の併用です。

 

 ○出題内容    

2014年度は全学科大問1が読解問題、大問2が会話文問題でした。

 

 

○難易度    

 

英文の難易度は難化傾向にあり、設問も難易度の高いものが多く含まれています。

状況を判断、理解した上で選択する同意表現など、和訳できたとしても、それがそのまま正解につながるとは限らないです。

英語の偏差値が上がるスーパーSIM 

 【対策】

対策1、読解問題対策

年々文章内容の理解度を問う問題のウェイトが高くなっています。

例年出題されている英文和訳だけでなく、構文等の知識力が問われる出題とともに、バランスよく対策を練っていく必要があるでしょう。

基礎にある語彙力をもとにした、文章を逐語的に訳していく力だけでなく、書く段落の関係などを意識して英文に取り組む練習が欠かせません。

対策2、会話文問題対策

空所補充のみの問題は、内容把握は難解ではないが、総合的な会話問題文においては、出題内容は同意表現、内容説明など読解問題とほぼ同じであり、過去問をしっかり説いておきましょう。

対策3、文法・語彙問題

2014年度はそれだけの大問はなかったが会話文問題中に語句整序が出題されており、イディオム・構文の知識が重要です。

大問でなくても何らかの形で出題されているので、総合的な文法演習を心がけておきたいです。

 

 

以上が、東京理科大学・理学部B方式の英語の傾向と対策です。

 

東京理科大学・理学部B方式を目指すにあたって、このようなことで悩んでいませんか?

 

「英語が苦手」

「どうやって勉強すれば良いかわからない」

「勉強しているのに偏差値が上がらない」

「試験や模試でいつも時間が足りなくなってしまう」

「長文読解は最後はなんとなく勘で解いてしまう」

 

1つでもあてはまることはありませんか?

 

実は、英語が伸びないのは、センスや能力の問題ではなく、英語の正しい勉強のやり方がわかっていないことが原因です。

 

受験勉強は定期テストで点を取るための勉強とは全く異なります。そのため、勉強のやり方がわかっていないと、時間がかかり苦労することになってしまいます。

 

そこで、受験生のあなたにぜひおすすめしたいのが、a href=”https://www.studytown.jp/hi/english/super-sim/” target=”_blank” onclick=”ga(‘send’, ‘event’, ‘学び情報局’, ‘大学受験’, ‘本体サイト’);>英語長文読解講座「スーパーSIM」。

 

「スーパーSIM」は、英語の成績を短期間で上げて偏差値を伸ばし、志望大学合格を可能にする講座です。これまで、38万人以上の受験生を合格させてきました。

 

大学入試の英語長文を速く正確に読むための特別講座で、あらかじめカリキュラムも決まっているため、勉強のやり方で悩む必要もありません

 

詳しくは、下記より資料をご請求ください。(1分で完了します!)

今、資料請求いただくと、下記の資料をお送りいたします!

 

 ○目からウロコ!英語を上げる理論と方法の詳しい解説書

 ○英語で合格点が取れる!スーパーSIMでの学習法のご紹介

 ○プロのスタッフによる、添削課題のサンプル(必見です)

 ○スーパーSIM受講生の合格体験談(読むだけでやる気がみなぎります)

 

▼今すぐ資料請求しよう!


bnr_728_90(media)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。