2015.07.04大学受験

現代文の問題を解く鍵は「語彙力」!語彙力を伸ばす現代文勉強法

Pocket
LINEで送る

現代文勉強法受験生の中には、現代文の明確な勉強方法が分からないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。また、「普段から話している日本語だから」「現代文はセンス」と思っていませんか。現代文の問題を解くためには、文章を読解する力を身に付ける必要があります。そのために必要となってくるのが語彙力です。語彙力は現代文の問題を解く最大の鍵となります。そこで今回は、語彙力を伸ばす現代文勉強法をご紹介します。

 

センター現代文300_250_txt1

 

現代文に必要な力

現代文に必要な力現代文の成績を上げるためには次の3つの力が必要です。

【1】語彙力

「語彙力」とは漢字や評論語句、小説語句の意味を把握する力です。語彙力がなければ文章を読むことはできません。語彙力は、現代文の問題を解く基礎となる力と言えます。

【2】読解力

「読解力」とは、文章の内容を正しく理解する力です。読解力を構成する要素として、背景知識や読解法などがあります。読解力が身に付けていないと、文章のテーマや筆者が言いたかったことなどを正確に捉えることができません。

現代文は、文章中に設問や選択肢を選ぶためのヒントが含まれています。文章を正確に把握することによって、明確な根拠を持って解答することが可能です。

【3】解答力

「解答力」とは、出題者の意図を理解した上で正解を導き出す力です。解答力を身に付けることによって、設問の意図を正確に把握し、不要な選択肢を切っていくことができます。また現代文は記述式の問題も多いため、記述作成力も解答力の1つとなります。

 

問題を解く鍵は語彙力

問題を解く鍵現代文は英語や古文などの教科と比較して、訳す必要がありません。そのため、難しい語句を気づかない内に読みとばしてしまいがちです。読み飛ばしてしまう原因は主に、語句の意味を理解できていない点にあります。そこで必要となるのが語彙力です。語彙力が乏しいと、文章を正しく理解することができません。

読解力や解答力と比較して、語彙力は比較的短期間で身に付きます。次に、語彙力を伸ばす勉強法をご紹介します。

 

 

 

 

語彙力を伸ばす勉強法

語彙力を伸ばす勉強法語彙力を伸ばすためには本や新聞を読むなど、意識的に文章に触れることが大切です。また、最近は現代文のための単語集などの参考書も数多くあるため、活用しましょう。語彙力を伸ばす勉強法は以下の通りです。

 

 

 

 

 

【1】漢字

漢字は書き取りと同時に、読み方と意味もしっかり覚えるようにしましょう。センター試験は別ですが、漢字の書き取り問題はあまり配点が高くないため、優先度は低いです。しかし漢字の意味まで知っていると、解答を導き出す際に役立ちます。漢字を勉強する際は、ただ漢字を覚えるだけで終わらないよう気を付けましょう。

【2】語句・キーワード

語句やキーワードを勉強する際は、それ自体の意味と同時に、類義語や対義語、関連する語句も一緒に覚えるようにしてください。問題の選択肢には、文章の語句をそのまま用いているものと、別の語句で言い換えているものが存在します。類義語や対義語句を覚えることによって、予測を立てて設問に答えることが可能です。語句やキーワードを覚える際は、それらが使用されている例文にも目を通すよう心掛けましょう。

【3】単語帳を作る

問題文を解く上で、分からない漢字や単語はノートに書き出して単語帳を作ることをおすすめします。問題を解くことと並行して、漢字や単語の意味を辞書で調べて語彙力を強化しましょう。単語帳に書き込み何度も見返すことによって、自分の苦手箇所を把握することができます。

 

おわりに

語彙力を身に付けることは読解力を上げることにつながります。今まで文章を読んでいても意味をうまく理解できなかった方も、語彙力を身に付けることによって正確に文章の意味を把握することが可能です。日頃から文章に触れる、スタディ・タウンの教材を活用するなど、意識して語彙力を伸ばしましょう。

 bnr_728_90(media)

 

【記事用バナー】STUDY TOWN 高校生のネット講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。