2015.09.14大学受験

【大学別入試対策】早稲田大学の日本史対策は過去問演習がカギ!

Pocket
LINEで送る

早稲田大学の日本史早稲田大学の日本史は私大最難関レベルと言われています。難問・奇問も出題されるため、出題傾向に慣れていない受験生は面食らってしまうでしょう。しかし過去問演習で出題傾向を理解することにより対策が可能です。ここでは過去問演習による早稲田大学の日本史対策をご紹介します。

 

私大日本史

 

【ポイント1】学部ごとの出題傾向を知る

学部ごとの出題傾向早稲田大学の日本史は学部によって出題傾向が異なりますが、どの学部も知識力を問う問題と思考力を問う問題から構成されています。出題傾向を分析して頻出分野を押さえ、問題演習を繰り返すことが合格への近道です。

まずは志望学部の過去問を数年分チェックし、出題傾向を確認しておきましょう。毎年必ず繰り返し出題される分野や、数年に1度の頻度で出題される分野もあります。また出題形式も学部によって選択・記述・整序・正誤問題など異なります。特に単なる暗記では対応できない記述問題については、何文字程度の論述が必要なのかなどを確認してください。

次に出題されている内容のレベルを確認しましょう。基本問題が中心なのか、教科書レベルを超えた内容なのか、実際に解いて難易度を確認してください。基本問題が中心に出題される学部でも語句の暗記だけでは合格点は取れません。そこが早稲田大学の日本史の難しいところです。教科書の内容は本文、注釈、史料など隅々まで覚えましょう。また選択・正誤問題では細かい知識まで問われることがあります。教科書レベルを超えた内容から出題される場合は、用語集や史料集を活用して知識を補いましょう。

 

【ポイント2】資料集を活用して史料問題に慣れる

資料集を活用早稲田大学の日本史では史料問題がよく出題されます。出題される史料のほとんどは教科書や史料集には載っていない「未見史料」です。つまり初めて見た史料でも読みこなせる「史料読解力」を身につけておく必要があります。

未見史料問題を解く際は「何に関連する史料なのか」さえ分かれば十分問題を解くことが可能です。しかし史料中のキーワードから「何に関連するのか」を即座に読み取るためには詳細な日本史の知識が必要です。普段の学習から史料集を確認する習慣をつけておくと良いでしょう。学習の際、その史料が「いつ、なぜ出されたのか」確認してください。

また注釈や欄外の説明にも目を通すことにより、さらに知識を深めることができます。史料読解力を身につけるためには多くの史料に触れることが大切です。過去問だけでなく、史料問題集なども上手に活用しましょう。

 

【ポイント3】分野別の歴史を確認する

分野別の歴史を確認分野別の歴史を確認早稲田大学の日本史は政治史・経済史・文化史などの分野別の歴史を問う問題が頻出します。しかし学校の授業や教科書では対策が不十分です。そのため、自分でテーマ別に知識を整理する必要があります。まずは過去問から頻出分野を確認しておくことが重要です。数年分過去問をチェックして、出題されやすい分野を把握しておきましょう。

頻出分野は教科書や用語集、参考書を用いて復習するだけでなく、まとめノートを作ると良いでしょう。まとめノートには教科書や用語集、参考書の情報はもちろん、過去問から得た情報も書き込むことをおすすめします。知識の整理に努め、得点力アップにつなげましょう。繰り返しまとめノートと過去問演習に取り組み、覚えた知識をいつでもアウトプットできるようにしてください。

 

おわりに

癖のある「早稲田らしい問題」も慣れてしまえば怖くありません。過去問演習を繰り返すことにより、抜けている知識の確認や出題意図の理解に努めましょう。教科書レベルを超えた内容は資料集や用語集を用いて知識を補ってください。また、他学部の過去問にも積極的に取り組み、実践力を鍛えることをおすすめします。過去問演習が早稲田大学の合格に導いてくれるでしょう。

スタディ・タウン高校生には、早稲田大学の日本史直前対策講座「入試に受かる・正誤問題対策」があります。100年分以上の過去問を研究したスーパー講師による解説は分かりやすく、わずか1日で早稲田の日本史で得点できるテクニックを身に付けることが可能です。覚えるテクニックはたった6パターンだけであるため、入試直前からでも効果があります。また、映像授業は利用期間中であれば、何度も繰り返し見ることが可能です。

 

http://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=vZBUWDDS&ai=h_S_231

 

【記事用バナー】STUDY TOWN 高校生のネット講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。