2015.07.09英語

英語でのスピーチのネタやコツは?ビジネスシーンで役立つスピーチ・挨拶例文

Pocket
LINEで送る

ビジネスシーンで英語スピーチ最近では経済のグローバル化に伴い、海外へ進出する企業が増え、以前よりも海外赴任をする機会は増えています。海外の赴任先では、英語でスピーチをする必要が必ず出てくるでしょう。また、日本で仕事をしていても、英語でコミュニケーションを取る必要のあるシーンが増えてくるのではないでしょうか。今回はビジネスシーンで英語スピーチをする際のポイントについてご紹介します。

 スーパースピーキングバナー300x250_02

スピーチにはコツがある

スピーチの苦手意識英語でスピーチをする以前に、日本語でのスピーチ経験はありますか?日本語であればうまくスピーチをすることはできるでしょうか。

おそらく「スピーチが得意」と自信を持って言える方は少ないでしょう。日本人でスピーチに苦手意識を持つ方が多いことには、学校や企業でトレーニングが十分になされていないという背景があります。

 

スピーチ能力を鍛えることに積極的ではない日本とは対照的に、欧米では幼いうちからスピーチ能力を伸ばすことに重きを置いています。

アメリカの子供たちは幼稚園から「Show and Tell」を通じて、スピーチの経験を積みます。「Show and Tell」は自分が大切にしているもの(例えば、おもちゃや犬のぬいぐるみなど)について、クラスの皆の前で発表するというものです。「これは何なのか」、「なぜこれを選んだか、なぜ大切なのか」などスピーチを論理的に構成する能力も求められます。このようにして、アメリカでは子どもの頃からスピーチ能力を鍛えているのです。

 

スピーチのポイント

スピーチのポイントアメリカの子供たちは、学校での経験を通じてスピーチのコツを学習します。そのため、私たちもスピーチのコツさえ押さえれば、上手にスピーチをすることができるのです。さまざまなコツがありますが、ここではその中でも特に大事な3点をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

【ポイント1】構成を考える

「あいさつ→本題→結び」の構成でスピーチを組み立てると良いでしょう。

スピーチの冒頭でのあいさつは、例えば、

 

Thank you so much for giving me your precious time.

(貴重なお時間をありがとうございます)

Thank you for your kind introduction.

(ご紹介くださり、ありがとうございます)

 

と言えば良い印象を与えられます。

 

【ポイント2】言いたいことは何か?

スピーチで聴き手に伝えたいメッセージは何でしょうか。与えられた時間も考慮して、自分の伝えたいメッセージを的確に伝えられるスピーチ原稿を作りましょう。まずテーマを明確にすること、自分の主張(考え)、その理由を述べるなど、内容部分は論理的に構成すると伝わりやすくなります。

 

【ポイント3】相手が興味を持てる内容か?

話す内容は聴き手が興味を持てる内容を選ぶようにしましょう。スピーチは聴き手に自分を印象づける良い機会です。自分の伝えたいメッセージを上手く届けるために、相手の興味・関心を事前に調べておくことをおすすめします。また、軽いユーモアを入れてみても良いかもしれません。

 

スピーチ例

スピーチ例以下に海外赴任先の歓迎会でのスピーチ例を示します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Thank you so much for the warm welcome.

(温かい歓迎をありがとうございます)

 

A few days ago, I had a phone call from my wife. “Is there anything you want me to send you?” To tell the truth, I was very nervous of working here because this was the first time for me to work overseas. Before my departure, I asked her to send me some Japanese food to relieve my anxiety. But, when I came to our office a week ago, my anxiety was blown away, because of the strong teamwork, the lively office and delicious food. Yet still, I explained to her that I needed some Japanese food. “OK,” she said. But actually it is not for getting rid of my anxiety anymore. It is a present for you, my workmates.

(数日前、妻から電話がありました。「送ってほしいものはある?」実を言うと、私の初めての海外勤務であるため、ここで働くことを心配していました。不安を軽くするために、出発前に妻に日本食を送ってもらうように頼んでいました。しかし、1週間前にオフィスに来て、そんな不安は吹き飛んでしまいました。なぜなら強固なチームワーク、活気のあるオフィス、そしておいしい食事があったからです。しかし、それでもまだ私は妻に、やはり日本食を送ってくれと説明しました。「分かったわ」と彼女は言いました。しかし、それはもはや不安を取り除くためなんかではありません。あなた方へのプレゼントなのです。)

 

The reason why I came here from Japan is to support the growth of our office. We will expand our office to the second largest one after the US Office. To do that, I need your cooperation.

(私が日本からここへ来た理由は、このオフィスの成長をサポートすることです。私たちはこのオフィスを米国オフィスに次ぐ規模に拡大します。そのためには、皆さんの協力が必要です)

 

Let us work together to realize the mission “Creating Innovation for Tomorrow.”

(皆一丸となって、ミッション「明日のためのイノベーションを生み出す」を実現しましょう)

 

漫画_300x250

 

おわりに

英語でのスピーチのコツをご紹介しました。会話と異なり、スピーチは事前に準備をすることができるため、スピーチをする際はあらかじめ内容を考えておきましょう。

また、スピーチの際はボディランゲージも重要です。スピーチ力を高める教材やスタディ・タウンEnglishのスピーキング対策講座を利用し、効果的なスピーチを作り上げてください。

 

 

 英会話でキャリアアップしたいあなたへ

▼ビジネス英会話もスラスラでてくる!
http://english.studytown.jp/lp/pc/superspeaking/

 

TOEICで伸び悩んでいるあなたへ

▼リスニング満点続出のヒミツ!
http://english.studytown.jp/lp/pc/manga/superelmer/pre-n/

 

 

STUDY TOWN 英語のネット講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。