2015.12.10大学受験

【成績アップ】定期テスト見直しのポイント

Pocket
LINEで送る

現代文の勉強法年内最後の定期テストの結果はいかがだったでしょうか。

思うように点が取れなかったという場合は、必ずテストを見直すようにしましょう。

なぜなら、受験で失敗してしまう方の多くは、「1,2年生の勉強が定着していない」というケースが非常に多いからです。

定着しない1つの理由として、復習をしていないということが挙げられます。

その中には「テストの見直し」も含まれます。

定期テストに出題されるのは、その単元の重要事項です。

つまり、定期テストをすべて解けるようにしておけば、その単元での重要事項をすべて押さえられるということになります。

 

冬休みは、まとまった勉強時間が取れるチャンスです。

ですから、この機会に必ずテストは見直すようにしましょう。

もし、これまで受けてきたテストで、復習していないものがあったら、それも併せて見直すと良いでしょう。

ただ、テストの見直し方にはポイントがあります。

今回ご紹介するポイントを押さえれば、成績を大幅に上げることも可能ですし、勉強時間を縮めることも可能です。

問題が解けなかった原因を知る

「自由英作文」の対策法まずはテスト問題、解答を見てみましょう。どんな問題で間違えているでしょうか?

間違えた問題をピックアップして、なぜ問題が解けなかったのか、原因分析をしてください。

たとえば、英語の場合です。

英語で得点できない原因の例として次のことが挙げられます。

1)試験時間内に解き終わらなかった
2)意味の分からない単語が多かった
   ・
   ・
   ・
このように、いくつかの原因に絞れます。原因がわかれば、対策を打つことができます。

具体的に、先ほど挙げた例の対策を紹介しましょう。

試験時間内に解き終わらなかった場合

出題者の意図を考える休定期テストでは、教科書の文がそのまま出ることが多いので、

「本文のあらすじを覚えておく」

ことがポイントです。本文を読み込むことで、あらすじは覚えられ、テスト本番でもスピーディーに文が読めるようになります。

結果として、解答スピードが上がるので、時間内に解答を終えられるようになります。

 

意味の分からない単語が多かった場合

ベーシック・イングリッシュを学ぶ意味の分からない単語が多かった場合は、単語暗記が不十分だったことが原因です。

ですから、単語の反復量を増やす必要があります。

スケジュールを立てて、継続的にやると良いでしょう。

単語は定期テストだけでなく、受験にも必須です。

英語の基礎にもなるので、軽く捉えずに、試験範囲の単語は一通り見直して覚えましょう。

長文が解けなかった場合

英語のチャンキング長文が苦手な生徒は多いですよね。

「長文が苦手で英語が伸びない」
「いつも時間内に解き終わらない」
「長文を見るだけで吐きそう・・・・」

など、悩みを抱えている方が多いかと思います。

長文が苦手な原因は、勉強法に問題があることがほとんどです。

授業の内容を復習する定期テストであれば、授業で習った場所だけが出されるので、教科書やプリント、ノートなど、授業で使用した教材を復習しましょ

う。

ただ、実力テストや、たまに抜き打ちで出される授業で習っていない長文はそうはいきません。

その場合は、日ごろから、長文読解の練習をしておくことが必要です。

とはいえ、学校の勉強もある中で、なかなか一人で長文読解の勉強なんて難しいですよね。

その場合は、短期間で終えられる長文読解専用の教材を使うことをお勧めします。

スタディ・タウン高校生で受講できる英語長文講座「スーパーSIM」は、これまで29年間で38万人の高校生が受講してきた教材です。

学習期間は2~6ヶ月、1日1時間以下の勉強時間で、英語の偏差値を10~25伸ばせます。

こんな短期間でこんなに偏差値が伸びるの!?と、信じられないあなた。

ぜひ、スーパーSIMの資料を請求して、その効果を確かめてみてください。

▼スーパーSIMの詳しいご紹介はこちら

bnr_728_90(media)

 

高1高2生の方は、受験学年になる前に、ぜひ長文を克服しておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。