2015.06.07大学受験

私立大学と国公立大学の学費の差はどれくらい?大学の学費の相場

Pocket
LINEで送る

大学の学費の相場将来を決める上で重要な選択となる大学選び。納得のいく大学選びができれば、その後の大学生活の満足度や将来の職業選択にも良い影響を与えるでしょう。できるだけ子どもの選択を尊重してあげたいものですが、選ぶ進路によって学費の差が出てくることも事実です。今回は、受験料や初年度納入金など、学校生活に関わるお金について整理しました。

 

学費の支払い方法にはどんな形式がある?

入学が決まった場合、まず入学金と授業料を合わせた「初年度納入金」を支払います。支払いの形式は、大学によって一括で支払う「一括納入方式」や、先に入学金のみを支払い、その後授業料を支払う「二段階方式」などがあります。最も多い形式は、先に「入学金+1年次前期の授業料」を支払い、9月頃に「1年次後期の授業料」を支払うという形式です。それでは、初年度納入金の平均額の違いを、文部科学省令を参考に国立・公立・私立で比較してみましょう。

 

学費は安いものの入学が難しい国立大学

国立大学国立大学の場合、文部科学省令に基づき、学費は大学ごとに20%増を限度に変動可能です。しかし、2014年度の昼間部の初年度納入金は、おおむね[入学金(28万2,000円)+1年分の授業料(53万5,800円)=81万7,800円]でした。初年度納入金の相場はこの計算通り81万7,800円、4年間の学費相場は設備費などを含めなければ240万円ほどです。大学・学部によっては設備費や教材費、実習費が別途でかかる場合もあるため、目安程度に考えてください。国立大学の場合、学部を問わず初年度納入金が一律という大きな魅力があります。一部私立大学の医学部では初年度納入金が800万円を超えることもありますが、国立大学であれば他の学部と同じ金額で済むのです。

国立大学は全体的に偏差値が高く、入学するのは簡単ではありません。しかし学費面ではかなりの親孝行となるでしょう。

 

県内者・県外者で学費に大きな差が出る公立大学

公立大学公立大学の場合は、大学が設置されている都道府県の県内者・県外者とで入学金の額に違いがあります。

2014年度の昼間部、県内者の初年度納入金は、[入学金(12万5,000円~28万2,000円)+授業料(48万6,000円~69万6,000円)]です。合計額が最も安いケースで66万800円、最も高いケースでは97万8,000円でした。

昼間部で県外者の場合は[入学金(25万円~84万6,000円)+授業料(48万6,000円~69万6,000円)]となります。合計額が最も安いケースは80万2,800円、最も高いケースは138万1,800円です。

 

公立大学の学費の相場は、初年度納入金が100万円~140万円程度、4年間の学費が250万円~300万円ほどと見ておくと良いでしょう。

県内外者の入学金の金額差については大学・年度によって異なりますが、7万円~56万4,000円と大きな開きがあります。金額についての詳細は、受験などを申し込む前に必ず最新の募集要項で確認しておく必要があります。

 

大学・学部によってさまざま!私立大学

私立大学私立大学の場合は、大学・学部によって初年度納入金が大きく異なります。文部科学省の調査によると、2010年度の初年度納入金の相場は131万5,666円となっています。学部ごとに見ると、文化系学部115万5,318円、理科系学部150万1,833円、医学部814万7,227円、歯学部643万745円となります。また、4年間の学費相場は文化系・理科系学部で400万円~530万円、6年制の医学・歯学系学部では2,300万円ほどです。

こうした結果を見ると、私立大学の学費は国公立大学と比較して高めの設定となっていることが分かります。しかしあくまでも平均値であることを忘れてはいけません。

国公立大学と同程度の学費の大学・学部がある、特待制度が充実しているなど、コストパフォーマンスの高い私立大学もあります。受験前にじっくり調べることをおすすめします。

 

おわりに

国公立大学と私立大学の学費は、少なくとも150万円、最大で2,000万円以上も差があることが分かりました。

日本は世界的に見ても大学進学率が高い国の1つに挙げられます。しかし、経済的理由による中途退学者の増加に加え、奨学金の返済遅延や大学の学費値上げなど、景気低迷による弊害は教育の分野にも顕著に表れています。学費捻出は大きな悩みの種ですが、早めの情報収集や進学への意識付けを行うことで対策が取れることもあります。日頃から家族でコミュニケーションを取り、お互いの意向を話しておくことが重要になるでしょう。

 

super_SIM_728x90

 

スタディ・タウン高校生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。