2016.03.04大学受験

【大学受験】スピーディーに正確に英語長文が読める方法とは?

Pocket
LINEで送る

合格できる勉強法

大学受験の英語ではケアレスミスは命取り。

さらに、時間が足りなくて問題の途中で終わってしまうなんてもったいない!

 

では、どうすればスピーディーに正確に長文が読めるようになるのでしょうか?

ヒントは同時通訳者です。

 

英語の偏差値が上がるスーパーSIM

 

 

まるで同時通訳者みたい!読み方の秘密は「語順」にあった!

日本で英語の達人と言えば、同時通訳者。

同時通訳者は、まさに「英語を英語の語順で理解」して意味をとっていきます。

 

 「英語を英語の語順で理解すること」=「英米人と同じ思考で英語を理解すること」

 

英語長文読解対策講座『スーパーSIM』。その方法が身に着けられます。

 

スーパーSIMの読み方「SIM方式」が解決!

スーパーSIMの「SIM方式」での読み方はシンプルです。

行ったり来たりせず、前から一気に読んでいきます。

 

前回の例を取って説明しましょう。

 

―――――――――

I was reading a book which my father gave me yesterday.

―――――――――

 

この英文を下記のように、フレーズごとに切って、前から一気に読んでいきます。

 

SIM方式の読み方

 

―――――――――

①私は本を読んでいた

②私の父が私にくれた

③昨日

―――――――――

 

今、上記の日本語を読んでも、慣れていないので少し意味が分かりにくいかもしれません。

整った日本語ではないので、最初は戸惑うと思います。

しかしこのようなSIM方式の読み方をトレーニングすることで、行ったり来たりせずスムーズに読み続けられるようになり、速く正確に英文の意味を取れるようになります。

 

『スーパーSIM』の最も大きな特徴は、

「英語を前からまっすぐ読んでいく」ことにあります。

これは、「英語を英語の語順に読んでいく」ということです。

 

まさに同時通訳者がしているやり方です。

 

スーパーSIMは、同時通訳者のやり方のよいところをわかりやすく取り入れ、大学入試の長文を速く正確に読めるようにする講座です。

同時通訳者や英米人と同じように脳を動かし「英語を英語の語順で前からまっすぐ読んでいく」トレーニングをすること。

これが、スーパーSIMで長文をスラスラ速く正確に読めるようになるひみつです。

 

次の記事ではこのSIM方式によるさらなる効果をお知らせします!

 

 <次の記事>


⇒【大学受験】単語・文法を覚えても長文が読めるとは限らない?効果的な英語長文克服方法とは④

 

<前の記事>

⇒【大学受験】長文読解が苦手な原因!英語と日本語の「語順」②

 

▼「スーパーSIM」で本当に偏差値が上がって合格できるの?受講生の合格の喜びの声はこちら!

慶應義塾大学文学部に合格!藤井結有華さんの「スーパーSIM」受講体験談

宮崎大学医学部に合格!沼田翔英さんの「スーパーSIM」受講体験談

明治大学法学部に合格!R.Hさんの「スーパーSIM受講体験談」

同志社大学政策学部に合格!新見晃司さんの「スーパーSIM」受講体験談

中京大学国際教養学部に合格!岡本直樹さんの「スーパーSIM」受講体験談

「スーパーSIM」で偏差値13以上アップ!受講生の度会耕さんにインタビューしました

「スーパーSIM」で偏差値12アップ!受講生の神保英明さんにインタビューしました

 

▼もっと英語に強くなる!関連記事はこちら

【大学受験】スピーディーに正確に英語長文が読める方法とは?

【大学受験】慶應義塾大学の入試<英語>の傾向と対策ポイント

【大学受験】早稲田大学の入試<英語>の傾向と対策ポイント

【大学受験】上智大学の入試<英語>の傾向と対策ポイント

【大学受験】青山学院大学の入試<英語>の傾向と対策ポイント

【大学受験】明治大学の入試<英語>の傾向と対策ポイント

【大学受験】東京理科大学の入試<英語>の傾向と対策ポイント

【大学受験】東京外国語大学の入試<英語>の傾向と対策ポイント

 

  英語の偏差値が上がるスーパーSIM

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。