2016.05.26大学受験

【大学受験】単語・文法を覚えても長文が読めるとは限らない?効果的な英語長文克服方法とは④

AO入試

入試で出題される長文には、必ずと言っていいほど知らない単語や知らない文法が出てきます。

SIM方式で読めるようになると、知らない単語・文法に出会っても躊躇することなく意味を取れる力が身につくので、入試本番にも強いのです。

英単語や文法を覚えるよりも、長文読解力を身に付けるほうが効果的

次のような長文ではどうでしょう?

————————————–

 People in the financial industry / check in with London / when they arrive / for work / in the morning / and don’t stop / until the Tokyo Stock Exchange starts up / at eight or nine / in the evening.

 ————————————–

仮に「Stock」がわからなかったとしましょう。

 

でも、

全体的にロンドンと東京の金融業界の話をしているから、「Stock」はわからないけど「Tokyo Stock Exchange」で「東京証券取引所」ではないかと予測できる。

 

つまり

 SIM方式では、単語の意味を類推しながら長文を読める!

だから知らない単語がこわくないのです。

 

いかがですか?

 

英語長文読解対策講座『スーパーSIM』。これがスーパーSIMの「SIM方式」です

 

実はこのスーパーSIMには40年の歴史があります。

受講生は38万人にものぼり、多くの受験合格者を世に送り出してきました。

 

皆さんも是非、同時通訳方式のスーパーSIMで、苦手な英語長文読解を克服してください!

 

▼詳しくはこちら

 bnr_area_btn

 

 <前の記事>

【大学受験】スピーディーに正確に英語長文が読める方法とは?③

 

  bnr_728_90(media)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。