2015.05.29大学受験

センター試験対策!Af=熱帯雨林気候?BW=砂漠気候?ケッペンの気候区分の覚え方

Pocket
LINEで送る

ケッペンの気候区分ケッペンの気候区分とは、ドイツの気候学者ウラジミール・ケッペンが1923年に考案した気候区分です。気候と降水量の2つを組み合わせて区分を割り出すこの手法は、扱いが容易であることから、文化や農業を語る上で欠かせないものとなっています。

ケッペンの気候区分は、センターなどでも出題されやすく、地理を選択した受験生にとっては避けて通れない範囲です。そして、2〜3文字のローマ字で表記される区分は種類が多く、暗記の際に難を感じる方も少なくありません。

そこで今回は、ケッペンの気候区分を覚える際のポイントをご紹介したいと思います。

英語の偏差値が上がるスーパーSIM

まずは頭文字の意味を覚えよう

ケッペン気候区分の頭文字ケッペンの気候区分を、まったく意味のないバラバラの単語として覚えようとすると混乱してしまいます。そのため、まずはそれぞれの単語を分解し、頭文字の意味を覚えましょう。

ケッペンの気候区分では、頭文字には「A〜E」の5つの大文字が使われています。そして、これらの文字はそれぞれ、「A=熱帯」「B=乾燥帯」「C=温帯」「D=亜寒帯」「E=寒帯」を意味しています。始めにこの5つの大分類を覚えておくと、各文字列が表す意味をイメージしやすくなるはずです。

 

 

B・Eの後には大文字しか続かず種類も少ない

次に、頭文字以外に着目してみると、A、C、Dの後には小文字が続き、B、Eのすぐ後には大文字が続いていることに気付くはずです。Bは乾燥帯、Eは寒帯と特徴的な気候であり、種類も少ないため、まとめて覚えてしまいましょう。

 

一方、A、C、Dの後には小文字が続きます。そして、大学入試試験において頻出する文字は、「w、s、f」の3つです。ここでは、2つ目の文字が降水量による区分を表すことに注目し、次のように覚えてみましょう。

「w=winter=冬に雨が少ない」「s=summer=夏に雨が少ない」「f=furu(降る)=1年を通して雨が降る」。

上記のように覚えておくことで、たとえば「Af」は「熱帯(A)の、1年を通して雨が降る(furu=f)場所=熱帯雨林気候」のように、文字列が意味するところをイメージしやすくなります。

 

3文字目は「温度」を表す

ケッペン気候区分の3文字目ケッペンの気候区分の3文字目は、「温度」を表しています。A、C、Dの3文字目には「a〜d」が続き、Bの後には「h」、もしくは「k」が続きます。「a〜d」にはそれぞれ細かな条件がありますが、センター試験等で出題される範囲としては、最低限「aとb」、「hとk」の違いを押さえておけば十分です。

この3文字目の区分を覚える際は、大前提として「アルファベットが若い方が、気温が高い」と覚えましょう。そして、「aとb」は「年平均気温が22度より上か下か」、「hとk」は「年平均気温が18度より上か下か」で分かれていることを覚えておくと、イメージがつかみやすくなります。

 

文字列が表すイメージと気候型を結びつける

文字列が表すイメージここまで、文字列が表す意味を、1文字ずつ分解して覚えてきました。

たとえば「Cfa」であれば、「温帯(C)で」「一年中雨が降るfuru=f)」「22度以上(a)の場所」=「温暖湿潤気候」のように結びつけることができます。このように、上記でご紹介した暗記のコツを押さえることにより、一見しただけでは難解な文字列も覚えやすくなるはずです。

 

 

 

 

おわりに

ケッペンの気候区分の覚え方についてご紹介しました。

ケッペンの気候区分は、一見しただけではその種類の多さに戸惑ってしまうかもしれません。しかし、各文字が表す意味さえ理解してれば、覚えること自体はさほど難しくないはずです。今回ご紹介した方法を参考に、各気候区分をスムーズに連想できるようにし、試験で確実に点数を取れるようになりましょう。

 

▼大学入試で勝てる!人気記事はこちら

【大学受験】大学入試は英語できまる!長文読解力を上げて合格を勝ち取る方法

【大学受験】長文読解が苦手な原因!英語と日本語の「語順」

<ベネッセ・駿台・河合・代ゼミ>大学受験模試の難易度・特徴まとめ

20点プラス!成績の伸びる模試の活用法

偏差値が上がらない、たった1つの原因とは?

大学入試直前期・やってはいけない!3つのこと

【高1・2生】現役合格に必要な2つのこと

長期休暇を最大限に活用するためのスケジューリングの3つのコツ

 

bnr_728_90(media)

 

【記事用バナー】STUDY TOWN 高校生のネット講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。