2016.02.09大学受験

【大学受験】慶應義塾大学・医学部の英語はここがポイント!傾向と対策

Pocket
LINEで送る

 過去問を解く

大学入試の中でも、避けて通れない科目は英語です。

大学・学部によっては、他教科と比較し英語の配点が高い場合も多く、

文系・理系問わず英語対策は合格のカギを握ると言っても過言ではありません。

 

今回は、慶應義塾大学・医学部の英語の傾向と対策をご紹介します。

ぜひ、参考にしてください。

 

【傾向】

○出題形式    

試験時間は、90分。

例年大問は4題が出題されています。

解答形式は、英文和訳、内容説明、和文英訳、自由英作文を中心とした記述式に、空所補充などの選択形式が主流です。

 

 ○出題内容    

全体的には読解問題を中心で、かなり緻密な読解力がないと高得点を取るのは困難です。

そのほかは英作文、和文英訳、語句整序が出題されるという形式です。

 

○難易度    

全体としてかなり難の部類に入るでしょう。

意表を突くような問題や、文の形では明確に示されていないことを推定する、いわゆる「行間を読む」力まで試されるような難問が出題されることがあります。

 英語の偏差値が上がるスーパーSIM

 【対策】

対策1、長文読解力の養成

かなりの読解力がないと問題を解ききることはむずかしいでしょう。

特に論旨を追って内容をつかみ、未知の語は文脈から見当がつけられるような、応用力のきく英文をの読み方が望ましいです。

そのためには、高校段階の基礎は早くマスターして、そのうえで超難関校レベルの入試問題、それも長文問題を中心に数多く当たることが大切です。

出題内容も日常私たちが見るような評論、あるいはエッセーの類が多く出される傾向ですので、出来れば英字新聞や易しく読める英文雑誌などを読んでおくと役立ちます。

日ごろから接する英文の量を多くして、英文に対するセンスを養っておけば、どんな問題が出題されても対応できるでしょう。

医学部らしい論説文やエッセーがよく出題されているので、この方面の背景知識の獲得を怠ってはならないでしょう。

また女性論やインターネット・コンピュータ関連の題材など、現代社会のトピックについても日ごろから親しみ、常識として身につけておくべきでしょう。

設問としては字数制限つきの内容説明問題が必ず出題されていますが、本文中の該当箇所が的確に把握できていれば答案が制限字数前後になるようにできています。

まとまった内容の文章をある程度の字数内で要約するといった訓練を日ごろから積んでおくとよいでしょう。

 

対策2、文法力・語彙力の増強

読解問題を正確に解くには文法力と語彙力が必要です。

標準的な文法問題集を1冊徹底的にやることが必要でしょう。

また語彙補強では、多読によって語彙力を増やすと同時に、信頼のおける単語帳を整理の意味で活用することも必要でしょう。

 

対策3、会話の習慣的表現

2009年の2番に口語表現を問う設問が出題されており今後も出題に備えたいです。

 

対策4、英作文力

教科書あるいは参考書の基本例文の暗証をしましょう。

構文・語彙は単に読んで理解できるレベルにまで整理・定着を図っておきたいです。

また自由英作文の練習にも力を入れることが重要でしょう。

身近なテーマで取り組むほか医学部らしいエッセーのテーマになりそうなことについて、具体例を添えたうえで賛成・反対の論旨を展開できるようにしておきたいです。

いずれにしても、実際に書く訓練を積むことが大切です。

 

以上が、慶應義塾大学・医学部の英語の傾向と対策です。

 

慶應義塾大学・医学部を目指すにあたって、このようなことで悩んでいませんか?

 

「英語が苦手」

「どうやって勉強すれば良いかわからない」

「勉強しているのに偏差値が上がらない」

「試験や模試でいつも時間が足りなくなってしまう」

「長文読解は最後はなんとなく勘で解いてしまう」

 

1つでもあてはまることはありませんか?

 

実は、英語が伸びないのは、センスや能力の問題ではなく、英語の正しい勉強のやり方がわかっていないことが原因です。

 

受験勉強は定期テストで点を取るための勉強とは全く異なります。そのため、勉強のやり方がわかっていないと、時間がかかり苦労することになってしまいます。

 

そこで、受験生のあなたにぜひおすすめしたいのが、英語長文読解講座「スーパーSIM」。

 

「スーパーSIM」は、英語の成績を短期間で上げて偏差値を伸ばし、志望大学合格を可能にする講座です。これまで、38万人以上の受験生を合格させてきました。

 

大学入試の英語長文を速く正確に読むための特別講座で、あらかじめカリキュラムも決まっているため、勉強のやり方で悩む必要もありません

 

詳しくは、下記より資料をご請求ください。(1分で完了します!)

今、資料請求いただくと、下記の資料をお送りいたします!

 

 ○目からウロコ!英語を上げる理論と方法の詳しい解説書

 ○英語で合格点が取れる!スーパーSIMでの学習法のご紹介

 ○プロのスタッフによる、添削課題のサンプル(必見です)

 ○スーパーSIM受講生の合格体験談(読むだけでやる気がみなぎります)

 

▼今すぐ資料請求しよう!

bnr_728_90(media)

 

▼他の学部を志望している方はこちら!

【大学受験】慶應義塾大学・薬学部の英語はここがポイント!傾向と対策

【大学受験】慶應義塾大学・法学部の英語はここがポイント!傾向と対策

【大学受験】慶應義塾大学・文学部の英語はここがポイント!傾向と対策

【大学受験】慶應義塾大学・商学部の英語はここがポイント!傾向と対策

【大学受験】慶應義塾大学・経済学部の英語はここがポイント!傾向と対策

医学部受験生へ、「理論化学」で困っていませんか?

複雑な理論化学の計算問題が、3分の1の時間で解けるようになります!

多くの医学部受験生がぶち当たる壁、理論化学の計算問題。

化学といえば暗記が中心ですが、理論化学だけは計算(応用)が大部分を占めます。そのため、化学の中でも最も点が取りにくいのが理論化学と言えるでしょう。

とは言え入試では、理論化学の計算を速くミス無く解けなければ合格点はとれません。

スタディ・タウンで受講できる『40時間で私立医学部に受かる!「日本一速く簡単に解ける理論化学」講座』は、そんな理論化学の壁を簡単に突破できる特別講座です。

この講座を受講すれば、計算問題をわずか3分の1の時間で速く正確に解けるようになります。

▼40時間で私立医学部に受かる!「日本一速く簡単に解ける理論化学」講座 詳しくはコチラ

医学部 理論化学 メルリックス 小枝守

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。