2015.05.23英語

英語でプレゼンテーションをする際に覚えておきたい重要表現・フレーズ

Pocket
LINEで送る

プレゼンテーションで使える英語フレーズある日突然、英語によるプレゼンテーションを行うよう依頼を受けたとしたら、多くの方が戸惑ってしまうことでしょう。

学校の授業や、会社での会議、試験や面接の課題において、英語を用いたプレゼンテーションが求められる機会は増加しています。

そこで今回は、英語によるプレゼンを行う際に覚えておくべき重要表現やフレーズをご紹介します。

 

漫画_728x90

 

パート別重要フレーズ

【1】イントロダクション

イントロダクションプレゼンテーションにおいては、出だしの一言が最も重要です。

聴き手の注意をいかにひきつけられるかは、イントロダクションにおいて決まります。相手や状況によって多少異なりますが、基本的に以下の5つの要素を取り込みましょう。

 

 

 

 

 

挨拶・自己紹介

弾んだ大きな声で、堂々と行いましょう。

 

Good morning(afternoon/evening), everyone.

「皆さん、おはようございます/こんにちは/こんばんは。」

 

I have been working as a 〜.

「私は〜として働いています。」

 

I am responsible for 〜./I am in charge of 〜.

「私は〜を担当しています。」

 

I am majoring in 〜in the faculty of 〜.

「私は~学部で~を専攻しています。」

 

 

 

聴き手や主催者への感謝

Thank you very much for inviting me to present to you today.

「本日はプレゼンの機会を与えていただき、大変感謝しております。」

 

開始の宣言

ここから本題に入るということを、聴き手に伝えます。

 

Now, let me begin.

「それでは始めましょう。」

 

目的

これから自分が何を話すのか、はっきりと示しましょう。

 

I would like to talk about〜.

「〜についてお話ししたいと思います。」

 

The main purpose of this talk is〜.

「このプレゼンの目的は〜です。」

 

概要と所要時間

聴き手が内容を理解しやすいよう、全体のアウトラインとその所要時間を伝えましょう。

 

I’d like to present three points.

「3つのポイントについて、お話ししたいと思います。」

 

I will be speaking for about ten minutes.

「10分ほど、お話させていただきます。」

 

 

【2】内容

プレゼンテーションの本題いよいよ本題へと突入します。分かりやすく、説得力のある内容を心掛けましょう。

次のトピックへ内容が移る際、連結フレーズを用いることで聴き手が流れを掴みやすくなります。

 

 

 

 

 

 

イントロダクションから本題に移る際のフレーズ

 

First of all, let me talk about 〜.

「まず始めに〜について話したいと思います。」

 

I’d like to start by 〜.

「〜から始めさせていただきたいと思います。」

 

次のトピックへシフトする際のフレーズ 

 

Now, let me move on to 〜.

「次に〜について話したいと思います。」

 

 

 

スライドを用いて図やグラフの説明をする際のフレーズ

Let me illustrate this point by showing a slide.

「スライドでこのポイントをご説明したいと思います。」

 

Please look at this pie chart.

「こちらの円グラフをご覧ください。」

 

As you can see in the graph,

「グラフを見ればお分かりになるように、」

 

Now, I’d like to move on to the next table.

「次の表に移りましょう。」

 

【3】結論

プレゼンテーションの結論最後まで良い印象で終われるように心掛けましょう。簡潔に要点をまとめて結論を述べ、最後にもう一度聴き手に感謝の気持ちを伝えます。必要に応じて質疑応答も受け付けましょう。

 

 

 

 

 

 

結論・まとめ

 

Let’s move on to the end of today’s presentation.

「本日のプレゼンの締めくくりに移ります。」

 

I’d like to summarize the point of my presentation.

「これまでの内容をまとめたいと思います。」

 

In conclusion,

「結論として、」

 

最後のお礼と質疑応答

 

Thank you for your attention.

「ご清聴ありがとうございました。」

 

Are there any questions?

「何か質問はございますか。」

 

漫画_300x250

 

おわりに

英語によるプレゼンテーションを行う際に役立つ、各種フレーズをご紹介しました。

プレゼンテーションを行う際は、言語に関係なく、堂々と落ち着いた態度で臨むことが何よりも大切です。自信の無い話し方では、相手に内容が伝わりにくくなってしまいます。

ただでさえ緊張するプレゼンテーションを慣れない英語で行うとなれば、なおさら徹底した事前準備が必要となります。依頼を受けた際は、ぜひ今回の記事もご参考になさってください。

 

英会話でキャリアアップしたいあなたへ

▼ビジネス英会話もスラスラでてくる!
http://english.studytown.jp/lp/pc/superspeaking/

 

TOEICで伸び悩んでいるあなたへ

▼リスニング満点続出のヒミツ!
http://english.studytown.jp/lp/pc/manga/superelmer/pre-n/

 

STUDY TOWN 英語のネット講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。