2015.05.27大学受験

受験に役立つ!世界史の主な年号・出来事・重要人物まとめ

Pocket
LINEで送る

世界史世界史という科目の特徴は、その名称通り世界中の国が対象となるため、求められる知識の幅が非常に広いことです。しかし、だからこそ重要な項目は絞ることができるとも言えます。受験に向けて覚えておくべき年号・出来事・重要人物について、西洋史・東洋史・近現代史に分けて確認してみましょう。

 英語の偏差値が上がるスーパーSIM

【西洋史】近代国家への道

西洋史西洋史は、主に古代(ギリシア・ローマ時代)・中世(ローマ帝国滅亡・ルネサンス)・近世(市民革命・産業革命)・近現代(第2次世界大戦・冷戦終結)の4つに区分されます。また、西洋史は政治史や文化史などに分けることもできます。大学受験においては、日本史と同様に政治史を中心に出題されています。

2012年から2014年度のセンター試験の出題傾向を参考にしたところ、近代にあたる19世紀以降の歴史を問う問題が多数見られました。

それでは、西洋史の古代・中世・近世における年号・出来事・重要人物をご紹介します。近代に関しては、東洋史とまとめて別の項でご紹介します。

[古代~中世]

西洋史における古代とは、古代ギリシアの文明成立から西ローマ帝国の滅亡まで、そして中世は西ローマ帝国の滅亡から東ローマ帝国の滅亡までです。この時代は国の領土拡大や分割などが多いため、年号や出来事、人物を覚えると共に地理的な位置関係を確認しておくこともおすすめします。

 

▼紀元前27年 ローマ帝国が帝政を始める。初代皇帝はアウグストゥス。

▼395年 ローマ帝国が東西に分裂。

▼476年 西ローマ帝国事実上の滅亡(ローマ帝国の滅亡)。古代が終わりを迎える。

▼481年 フランク王国の成立。建国には375年から始まった「ゲルマン民族の大移動」が影響しているとされている。

▼800年 カール大帝の戴冠。フランク国王カール大帝が、ローマ教皇から西ローマ帝国皇帝の位を授かった事件。

▼843年 「ヴェルダン条約」によってフランク王国が西・中・東に3分割される。西フランク王国はのちにフランス王国を経て現在のフランスへ、東フランク王国は神聖ローマ帝国を経て現在のドイツへとつながる。

▼1096年 第1回十字軍派遣。十字軍はキリスト教の聖地「エルサレム」をイスラム教徒から奪還するために派遣された。十字軍は第9回まで派遣が行われたが、エルサレム奪還は果たせなかった。

▼1453年 東ローマ帝国の滅亡。中世が終わりを迎える。

[近世]

西洋史における近世は、1453年の東ローマ帝国滅亡以降フランス革命までを指します。近世では、「ルネサンス」や大航海時代、16世紀から17世紀にかけて起こった「絶対王政」や市民革命、産業革命など、文化・思想的に重要な出来事が起こっています。

なお、古典や古代の文化復興を目指した「ルネサンス」は中世から近世にまたがっています。そのため、中世や近世といった時代区分ではなく単に「ルネサンス史」と表されることもあります。ルネサンスで活躍した人物は、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ、ボッティチェリなどです。それぞれの作品も一緒に確認しておきましょう。

 

▼1492年 コロンブスが西インド諸島に到着。

▼1498年 ヴァスコ・ダ・ガマがインドに到着。

▼1517年 ドイツでルターが宗教改革を始める(宗教改革の始まり)。

▼1519年 マゼランが世界1周に出発。

▼1641年 イギリスで清教徒革命が起こる。クロムウェルが主導。

▼1688年 イギリスで名誉革命が起こる。革命後、「権利の章典」と呼ばれるイングランド国民の権利と自由を記した法律が発布される。

▼1775年 アメリカで独立戦争が始まる。

▼1776年 「アメリカ独立宣言」。初代大統領はワシントン。

▼1789年 フランス革命が起こる。「フランス人権宣言」が制定される。革命後、ナポレオンが政権をとる。

【東洋史】中国史を中心に

東洋史

 

 

東洋史は、長い歴史を誇る中国の古代から近世までが中心となります。中国史は王朝の変遷の歴史とも言えますが、実在が確認されている最初の王朝は、紀元前17世紀ごろに成立した「殷」です。しかし、古代中国で最も重要なのは、中国を初めて統一した「秦」でしょう。

 

 

 

▼紀元前221年 始皇帝が中国を統一し、秦成立。

▼紀元前207年 秦滅亡。

▼581年 隋成立。2代皇帝煬帝への聖徳太子の手紙が有名。

▼618年 隋滅亡。唐成立。3代皇帝高宗の時代が全盛期。907年に滅亡。

▼960年 宋成立。北宋から南宋へ。1279年に滅亡。

▼1271年 元成立。皇帝フビライ・ハン。モンゴル族による、中国全土とモンゴル、朝鮮半島を領土とする大帝国。

▼1368年 元滅亡。明成立。朱元璋が建国。1644年に滅亡。

▼1616年 清成立。満州族の王朝。1912年に滅亡。

 

【近現代史】2度の世界大戦と冷戦とその後

近現代史

 

 

 

近現代に入ると、世界史は西洋、東洋というくくりではなく、世界全体のつながりの中で展開していきます。その大きな出来事が、2度の世界大戦とその後の冷戦、そして冷戦の終結です。

 

 

 

 

▼1914年 第1次世界大戦勃発。連合国(フランス、イギリスなど)と同盟国(ドイツ、オーストリアなど)の戦い。

▼1918年 第1次世界大戦終戦。「ヴェルサイユ条約」が締結される。

▼1939年 第2次世界大戦勃発。連合国(イギリス、アメリカなど)と枢軸国(ドイツ、イタリア、日本など)の戦い。ヒトラー率いるナチスドイツのポーランド侵攻から開戦。

▼1945年 「ポツダム宣言」受託により、第2次世界大戦終戦。資本主義陣営(アメリカ中心)と社会主義陣営(ソビエト連邦中心)の対立である「冷戦」の始まり。

▼1989年 アメリカとソビエト連邦の首脳による「マルタ会談」で終結。

▼1991年 ソビエト連邦崩壊。

 

冷戦終結後、世界は民族対立、宗教対立が表面化し、地域紛争が各地で起こります。そして、2001年にアメリカ同時多発テロが勃発、テロが頻発する時代に入ったのです。

おわりに

世界史は、各国独自の歴史を学ぶ科目であると同時に、国同士、そして一国と世界のつながりの歴史を学ぶ科目でもあります。世界史を勉強する際には単独でただ暗記するのではなく、それぞれのつながりを意識するよう心掛けましょう。

super_SIM_728x90

 

▼世界史の攻略法!関連記事はこちら

世界史を勉強する上で欠かせない!中国史の流れと歴代王朝の覚え方

世界史・日本史・地理どれがおすすめ?センター試験・地歴科目の傾向と選び方

【大学受験対策】世界史全体の流れを掴む世界史勉強法

【センター・世界史B対策】資料集を活用しよう!満点をとるためのセンター試験世界史の解き方

 

▼大学入試で勝てる!関連記事はこちら

【大学受験】大学入試は英語できまる!長文読解力を上げて合格を勝ち取る方法

【大学受験】長文読解が苦手な原因!英語と日本語の「語順」

<ベネッセ・駿台・河合・代ゼミ>大学受験模試の難易度・特徴まとめ

20点プラス!成績の伸びる模試の活用法

偏差値が上がらない、たった1つの原因とは?

大学入試直前期・やってはいけない!3つのこと

【高1・2生】現役合格に必要な2つのこと

長期休暇を最大限に活用するためのスケジューリングの3つのコツ

スタディ・タウン高校生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。