2015.05.25社会人英語

海外企業・外国人社員と英語でコミュニケーションをしよう!ビジネスコミュニケーションスキルの鍛え方

Pocket
LINEで送る

英語のビジネスコミュニケーションスキルITネットワークの普及により、日本のビジネスは急速に様変わりしています。世界基準、同時性、ボーダレスなどの言葉に代表されるように、国内だけでなく、世界規模・世界視野をもって臨む時代に突入しています。海外企業や外国人社員と密接なコミュニケーションをとりながら仕事をする時代になったのです。

このような時代を乗り切るために万国共通のビジネス語「英語」を身につけることは、ビジネスマン・ビジネスウーマンにとって不可欠と言えるのではないでしょうか。今回は、ビジネスコミュニケーションスキルの鍛え方について、ご紹介します。

 

漫画_728x90

 

英語を極めて一流のビジネスマンを目指そう

一流のビジネスマンアパレル企業・ユニクロ、ITショッピング企業・楽天など、英語を積極的に職場に取り入れることで世界進出を果たし、大きな成長を遂げた企業は複数社あります。その他の企業でも、英語を操れる社員は企業戦略において重要な人材とされることが多いものです。

「昔から英語が苦手で…」「今さら英語を勉強しても仕方がない」などと思わず、心機一転して今日から英語にトライしてみましょう。英語という新たなスキル獲得するとともに、視野を広げて世界に通用する企業人への一歩を踏み出すのです。

 

単なる英会話でなく、ビジネス英会話を習得しよう

ビジネス英会話かつて学校で学んだ英語だけでは、ビジネスシーンで通用しません。より生きた英語、ビジネスシーンに合わせた英語能力が必要です。海外の映画を観ても、会話で使用している言葉には学校の教科書に載っていないものの方が圧倒的に多いことが分かります。そして、コミュニケーションをとるために身振り手振りや表情などさまざまな表現を駆使していることも分かるでしょう。ビジネスシーンでは、こうした生きた英語や身振り手振り、表情によるコミュニケーション能力が大切となることは多いものです。ビジネス英会話スクールで学習したり、ビジネス英会話の表現を集めた教材を利用したり、英語を話す外国人の友人を作るなど、積極的に表現の違いを学びましょう。

 

「メディアリテラシー」をつけて異文化を知ろう

人は生まれや育ちが違えばコミュニケーションの仕方も異なります。まして外国人ともなれば、今まで通じた「日本的」な方法ではうまくコミュニケーションをとれない場合もあるでしょう。そのため、外国人は日本人とは違うこと、「異文化」を持った人々であることを理解してコミュニケーションをとる必要があります。

特にビジネスシーンでは、文化・習慣の違いに対する認識の甘さが誤解や対立などを生み出す原因になることがあります。海外出張や転勤がある場合は、「郷に入れば郷に従え」という言葉があるように、積極的に異文化を知る国際人になりましょう。異文化を知るためには、取引先の母国について本やニュース、インターネットを駆使して情報収集することが大切です。ただし情報があふれている現代だからこそ、情報の真偽を見極める「メディアリテラシー」が重要な意味を持ちます。情報をただ鵜吞みにするのではなく、正しいかどうかをしっかりと考えるよう心掛けましょう。

 

「YES」「NO」が言える日本人に変身しよう

アメリカ人や中国人は声が大きいとよく言われます。「ケンカをしているのでは?」と錯覚することもあるほどです。日本人は比較的静かな声で話しますが、それが原因で無関心や退屈、曖昧な国民性だと誤解されがちです。

ビジネス英会話では、発音に抑揚をつけたり身振り手振りを入れたり、元気に明るくはっきりと自分の気持ちを表現しましょう。また、曖昧な表現を好む日本人ですが、海外のビジネスシーンでは曖昧な表現は好まれません。「YES」「NO」をはっきりと言えるようになりましょう。

 

 

ツールを使いこなし、グローバルなマインドを磨こう

グローバルマインド海外企業や海外支社との合同会議や商談など、ビジネスシーンにおいては即応できる柔軟なビジネス英語能力が必要です。また、パソコンやタブレット端末、モバイル端末などのツールを使用する交渉も必要でしょう。ビジネスに即した英語表現やテクニック、専門の語彙の他、各種ツールを使いこなせるようにしておくことも大切なのです。

さらに、ビジネス英語能力やツールに加え、グローバルなマインドを持つこともできればビジネスコミュニケーションはより強固なものになります。日本人としてではなく、「国際人」としての教養や情報も身につけましょう。

 

漫画_300x250

 

おわりに

ビジネス英語を身につけ、異文化に理解を示し、各種ツールを使いこなしてグローバルなマインドを持つこと、これらは世界に目を向けるために欠かせません。もちろんすぐにすべてを手に入れることはできないため、できることから始めてみましょう。そうすれば、臆せず積極的に世界を相手にビジネスを行うことができるようになるのではないでしょうか。あなたの異文化が、あなたの文化になったとき、必ず世界は今までよりもぐっと身近になり、あなたのスキルもグローバルなものになっていることでしょう。

 

英会話でキャリアアップしたいあなたへ

▼ビジネス英会話もスラスラでてくる!
http://english.studytown.jp/lp/pc/superspeaking/

 

TOEICで伸び悩んでいるあなたへ

▼リスニング満点続出のヒミツ!
http://english.studytown.jp/lp/pc/manga/superelmer/pre-n/

 

STUDY TOWN 英語のネット講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。