2017.12.14大学受験

現代文の攻略に必要なポイントはたった4つ!得意科目とする勉強法・解き方を徹底解説

現代文の勉強法

はじめに

現代文が解けるか解けないかは、センスがあるかないかで決まってしまうという考え方が、昔から根強く残っています。

現代文を勉強しているのに結果に結びつかない、そもそも勉強の仕方が分からないなどの悩みを抱えている受験生の方もいらっしゃるでしょう。

現代文には大きく分けて評論文と小説文の2種類がありますが、出題される割合が高いのが評論文です。現代文の評論問題は勉強法が確立しづらい科目です。 日本史や世界史のように覚えていれば解けるとは限りませんし、解くための公式もありません。 他の科目とは大きく異なる科目です。 しかし、勉強法・解き方はありますし、センスがないと得点できない科目という訳ではありません。

この記事では、現代文で悩んでいる高校生のために、現代文、とりわけ評論問題の解き方と勉強方法を紹介します。

現代文の評論問題を解くためには何が必要?

評論問題を解くために評論問題を解くために必要なことを整理しておきましょう。必要なこととは、以下の4つです。

1.語彙の把握

2.背景知識の把握

3.読解力

4.解答を導き出す力

この4つに関して、簡単にご説明します。

1つ目の「語彙の把握」とは、評論問題に頻出する語句の意味を正確に知っているかどうかということです。日常会話も評論問題も日本語であることに変わりありません。しかし、評論問題には日常会話では使用しない言葉がたくさん出てきます。評論問題特有の語句の意味を知ることで、文章を読む際に立ち止まることが少なくなるでしょう。受験本番まで時間があるなら、硬質な文章の書かれた本や新聞を読んで語彙力を意識して増やすことをおすすめします。受験直前なら、問題集、単語集に多くあたりましょう。

2つ目の「背景知識の把握」とは、評論問題によく取り上げられるテーマ・話題の基本的な知識を頭に入れておくことです。頻出テーマの知識があれば、どのような著作が問題文になっていても柔軟に対応することができます。。

また、背景知識を把握することによって、評論問題に取り組みやすくなることも大きなメリットです。興味がある、知っているジャンルの文章ならスムーズに読めるものの、興味がない、分からないジャンルの文章は読みにくいという経験がある方は多いのではないでしょうか。評論問題でも同じように、知らないことを少しでも減らして取り組みやすくすることが重要です。

3つ目の「読解力」とは、評論問題全体のテーマや筆者の主張を読み取る力です。評論文全体のテーマや筆者の主張に関する設問は非常に多く出題されます。実際の評論問題を解く際には必ず文章で言いたいことを読み取りたいところでしょう。

4つ目の「解答を導き出す力(解き方)」とは、文字通り設問と本文を照らし合わせながら正解を選び、設問で求められていることを記述する力です。評論問題全体のテーマや筆者の主張が読み取れたとしても、問われていることに対する答えが探せなければ得点には結びつきません。解答を導き出す力も大変重要なのです。

評論問題を得意科目にするためには、上記の4つを身につけることが大切だと言えるでしょう。それぞれにについて細く解説します。

 

【解き方と勉強法1】語彙と背景知識の把握のために

語彙と背景知識の把握語彙と背景知識の把握に関しては、解き方よりも勉強法を考えましょう。

語彙の正確な把握のためにおすすめしたいのが、漢字を覚える際に読み書きだけでなく意味も一緒に覚えることです。加えて、覚えた漢字を用いた熟語の意味も掴んでおけば、一度に覚えられる言葉が2つ、3つと広がっていきます。また、評論問題でよく見かける言葉を自分で書き出して意味を覚える方法もおすすめです。英単語の読み・書き・意味を覚えるイメージを持っておくと分かりやすいかもしれません。

背景知識の把握におすすめの方法は、評論問題でよく取り上げられていると感じるテーマを、インターネットを用いて調べてみることです。その他に、評論問題で頻出するテーマについて解説した参考書を読むこともおすすめします。志望校が決まっているなら、過去問で志望校に出やすいテーマを知っておきましょう。

語彙の把握にも背景知識の把握にも共通して大切なことは、繰り返し取り組むことです。漢字や熟語は読み・書き・意味の把握をワンセットとして定期的に復習し、背景知識も自分で調べたことや参考書を何度も読みこんで定着させましょう。

 

次に読解力と解き方を身に付ける方法を紹介します。

【解き方と勉強法2】問題文を読みながら設問を解く

読解力を身につける読解力・解答を導き出す力を身につけるための勉強法と、実際に問題を解く方法は密接に関わっています。そのため、普段の勉強時から実際の試験を意識して解きましょう。その際に大切なことがあります。

問題文を読みながら設問を解くことです。すべての問題文を読み終えてから解こうとすると、設問を読んだときに問題文の最初の方の内容を忘れてしまってもう一度読む手間が生じてしまいます。問題文に傍線が出てきたらいったん設問を読み、その傍線の前後から答えが導き出せるかどうか考えましょう。

テクニックとして、設問を全部読んでから、問題文を読むという手法もあります。設問を先行して読むことで、事前に何を聞かれているか分かるので、問題文を読む時にどこに注目すれば良いのか分かるというメリットがあります。本文が長い場合には特に有効なテクニックです。

【解き方と勉強法3】重要な箇所に印をつける

3つ目は、筆者の主張なのではないか?重要な箇所なのではないか?と思った部分に、積極的に印をつけていくことです。印をつけるだけで、設問を解いている最中に文を読み返す際、カギとなる部分を探す手間が省けます。筆者の主張や重要なことが書かれている箇所というのは、「しかし」「だが」などの逆説の言葉の後にあることが多いと言われています。「しかし」、「だが」に限らず、「なぜなら」のような文章と文章をつなぐ接続詞の前後の文章は要チェックです。

また、「~である」のように言い切っている箇所も重要な場合が多々あります。印をつけていく練習によって読解力を上げ、記述問題の解答作成のための材料を集めましょう。

【解き方と勉強法4】選択問題で消去法を用いる

4つ目は、選択問題で消去法を用いることです。設問によっては、すぐに正解の選択肢が分かる場合もあることでしょう。しかしそこで、その他の選択肢がなぜ正しくないのかも考えてみてください。まったく関係ないキーワードが含まれていて、すぐに正しくないと判断できるケースもあります。 消去法を用いる癖をつけておけば、すぐに正解が分からなくても「この部分が問題文とそぐわないから不正解」というように、1つずつ選択肢を消してり込むことができます。

以上の3つを日頃から意識し、試験でも落ち着いて評論問題に取り組みましょう。

おわりに

現代文の評論問題を得意にするために重要なこと、評論問題の解き方や勉強法をご紹介しました。今までやみくもに評論問題を解いていた方、勉強方法が分からなかった方は、ぜひ参考にしてください。

読解力に自信がない人にぴったりの講座があります。AbemaTVに出演して田村淳さんを指導したナツメ先生の「禁断のテクニック」の一部を無料公開していますので、是非登録してみて下さい。

【AbemaTV出演のナツメ先生の現代文講義】国語力・センスがゼロでも9割取れるメソッド一部を無料で動画公開(全3回)

無料!動画講義に今すぐ受講登録する(定員200名)

2,000名以上の方が過去受講し、 短期間で偏差値20以上アップする受験生が 続出しているノウハウです。

・国語が大嫌い

・読解力がまったくない

・読書を全くしない

・著者の考えが推測できない

そんなお悩みを抱えている方でも、面白いように点が取れてしまうのです。

今回メール登録した方限定で講義動画の一部を無料で公開しました。

■予告編

このメソッドで成績を大幅UPした人達の声を紹介しましょう。

 

「センター模試で92点が185点になって医学部合格!見直しの時間が大幅短縮できました」 千葉県 林ハンミンさん

「たった2ヶ月で偏差値36から60に上がりました!」 東京都 鈴木隆さん(仮名)

「先生の言う通りに進めたら、短期間で偏差値が36から47まで上がりました!」 高知県 小田玲奈さん(仮名)

 

これはほんの一例です。2,000名以上がこれまで成果を出しています。

 

無料!動画講義に今すぐ受講登録する(定員200名)

 

プライバシーポリシーをご確認・ご同意の上ご登録ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。