2017.09.15大学受験

英語の大学受験対策に!入試の頻出熟語・構文15選

入試の頻出熟語・構文

大学入試において、文系・理系の別に関わらず重要となる科目が英語です。そして、その英語を学ぶ上で欠かせないのが、熟語や構文の暗記になります。

英熟語や構文の中には、含まれる単語の意味を知っているだけでは意味を想像しにくいものや、丸暗記していないと文意を誤って理解してしまいがちなものも多くあります。

このようなイディオム等については、理解して覚えるよりも、頭に叩き込んでしまう方が得策です。そこで今回は、入試に頻出する英熟語・構文を15個紹介します。しっかりと暗記して、英語を得点源となる科目にしましょう。

【1】anything but ~(決して~ない)

I am anything but a musician.(私は決してミュージシャンではない)

 

【2】nothing but ~(~にすぎない、~以外何もない)

He eats nothing but meat.(彼は肉しか食べない)

 

anything but ~と非常に混同しやすいため、注意が必要です。

【3】as good as ~(~も同然である)

新品の本This book is as good as new.(この本は新品も同然だ)

 

 

 

 

 

 

 

 

【4】as far as ~(~まで、~する限り)

As far as I know, he is very wise.(私が知る限り、彼はとても頭が良い)

 

「範囲」を限定する場合に使います。以下でご紹介するas long as~と混同しやすいため注意しましょう。

 

【5】as long as ~(~する間、~する限り)

食欲旺盛I want to eat any food as long as it is delicious.(おいしければ、どんな食べ物でも食べてみたい)

 

「条件」を限定する場合に使います。

 

 

 

 

 

 

【6】hardly(scarcely)~when(before)(~するやいなや)

She had hardly seen me when she cried.(彼女は私を見るやいなや泣いた)

 

no sooner ~thanで言い換えることもできます。また、この熟語を使う際には、時制に注意してください。「AするやいなやBした」という英文を構築する場合は、Aの部分は動詞を過去完了形に、Bは過去形にしましょう。

 

【7】if it were not for ~(もし~がなければ)

If it were not for his help, we would lose.(もし彼の助けがなければ、私たちは負けるだろう)

 

仮定法を用いた頻出熟語です。

また、仮に上記の文を「もし~がなかったならば、~であっただろう」としたい場合には、

“if it had not been for his help, we would have lost.”というように、仮定法過去完了の形をとります。

 

【8】look forward to ~(~を楽しみに待つ)

I look forward to seeing you next time.(次にあなたに会えるのを楽しみにしています)

 

“to”という前置詞があるために誤解する方も多いですが、「~」の部分に入る動詞は原形ではなく、必ずing形の動名詞にします。

 

【9】no more than <数詞>(<数詞>しか)

Dad gave me no more than 100 yen.(パパは私に100円しかくれなかった)

 

no less than <数詞>を使うと、同一の事実を表していても「<数詞>も」という意味になり、ニュアンスの違いを表現することができます。

 

【10】not more than <数詞>(多くとも、せいぜい<数詞>)

100円玉It cost me not more than 100 yen.(それはせいぜい100円だった)

 

no more than <数詞>のときと同じく、not less than <数詞>を使うと「少なくとも<数詞>」という意味になり、事実の受け止め方の違いを伝えられます。

 

 

 

 

 

【11】what is called(いわゆる)

He is what is called a genius.(彼はいわゆる天才だ)

 

what we call、what you callなどと言い換えることも可能です。

 

【12】in case ~(~するといけないから、もし~の場合には)

Use my car in case it rains.(雨が降るといけないから、私の車を使いなさい)

 

【13】know better than to ~(~しないくらいの分別はある)

She knows better than to do such a thing.(彼女にはそんなことをしないくらいの分別はある)

 

【14】not so much ~ as …(~というよりもむしろ…)

He is not so much an investor as a gambler.(彼は投資家というよりもむしろギャンブラーである)

 

【15】what with ~ and(what with)…(~やら…やらで)

What with this and that, we had no time.(あれやこれやで私たちは時間がなかった)

 

おわりに

入試等に頻出となる英熟語や構文を厳選してご紹介しました。

熟語や構文を問う問題は、文法や読解、作文などあらゆるセクションに登場します。頭に入れてしまえば確実に得点を稼げる分野となるため、しっかりと覚えるようにしてください。

 


無料メルマガ
【大学受験】「英語長文対策の極意」

「英語長文がなかなか読めない」「自分の勉強法は合っているのかな?」そんな不安を抱えていませんか?

「英語長文対策の極意」は、英語のプロによる大学受験の「英語長文」の正しい勉強法をご紹介する無料メールレクチャーです。

ご紹介するのは、現在の偏差値や英語のレベルに関係なく、英語長文がスラスラ読めるようになる勉強法です。



下記のフォームから、メールアドレスを登録すれば登録完了です。

※ご入力頂いた情報は、プライバシーポリシーの乗っ取り、厳重に管理いたします。
 詳しくは、プライバシーポリシーをご確認ください。

英語長文のプロ!レクチャーアドバイザーは?

メールレクチャーのアドバイザーは、東京SIM外語研究所のダン上野Jr.先生です。

ダン上野Jr.先生の経歴

・TOEIC990点満点保持者

・著書がAmazonランキング「英語学習法」部門1位獲得

・東京SIM外語研究所 所長

ダン先生は、TOEIC990満点保持者の英語の達人です。

多くの英語の学習著書を出版しており、その著書の数々はAmazonの英語の学習法ランキングで幾度となく1位に輝いています。

現在は、会員数38万人以上の東京SIM外語研究所の所長を務め、「偏差値平均14.3アップ」「TOEIC900点越え」など、脅威的な成果を導き出す勉強法を世に広めています。

こんな悩みを抱えている人にオススメ!

・英語の点数をもっと伸ばしたい

・英語長文がなかなか読めない

・自分の勉強法が合っているのか不安

・英文を読むスピードを上げたい

・短期間で結果の出す勉強法を知りたい

レクチャーの内容を一部ご紹介

・TOEICで990点満点を取れた理由

・英語で周りと差をつけるためには●●が大切

・日本人が知らない英語長文の正しい学習法

・英語長文が読めない原因は「●●」にあった

・英文が誰でもスラスラ読めるようなる勉強法

・90日で結果がでる!速読トレーニングとは?


メールレクチャーの料金

もちろんメールレクチャーの料金は完全無料です。

一切、料金が発生することはありませんのでご安心ください。

メールレクチャーの解除方法

メールレクチャーの配信解除は、メール末尾の配信解除ボタンからクリックだけで簡単に配信解除することができます。


 

発行元:STUDYTOWN

運営元:株式会社シンドバッド・インターナショナル 

所在地:東京都 東京都新宿区西新宿6丁目8-1 住友不動産新宿オークタワー 21F

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。