2015.07.19大学受験

塾はいつから?費用は?塾選びで悩む保護者の方必見!大学受験のための塾の選び方

Pocket
LINEで送る

大学受験のための塾の選び方大学受験を考えている子どもを持つ保護者にとって、塾選びは重要です。入った塾が子どもに合わない場合、お金を無駄にするだけではなく、子どもの時間をも無駄にしてしまうためです。

しかし、一口に塾と言ってもさまざまな形態の塾があります。また、いつから通えば良いのか、費用はどのくらいかかるのかなど、頭を悩ませる方は多いでしょう。そこで今回は、大学受験のための塾の選び方についてご紹介します。

 英語の偏差値が上がるスーパーSIM

 

塾はいつから?

塾へ通う時期進学校や中高一貫校に通う生徒の多くは、高校1年生の時点で受験を意識した勉強を始めています。高校2年生では、夏以降から多くの生徒が受験勉強を開始します。したがって、大学受験のために塾へ通う時期も早ければ早い方が良いでしょう。

もし苦手科目がある場合は、1年生のうちからその教科のコースを受けることをおすすめします。

2年生は受験の準備期間に当たります。苦手科目は克服し、得意科目はさらにレベルを上げるために塾に通うと良いでしょう。難関校を目指している場合は、2年生の時点で英語と数学を仕上げておくことが理想的です。

3年生では遅くとも夏までには志望校を固め、その大学の入試の対策を行っている塾、またはコースを選択しましょう。

 

塾の費用は?

塾の費用塾選びの際、気になるのはその費用です。多くの塾では授業料に加えて入塾金やテキスト代などがかかります。また、模擬試験や季節講習を受ける際は別途費用がかかります。授業料に関しては、受講する科目数やコース、プランによって異なります。しかし、どの塾も年間の相場は約40万~100万円と言われています。

必要な科目数やプラン、テキストや試験などを選択し、年間と月間で掛かる費用を調べ、無理のない計画を立てましょう。

 

 

 

タイプに合わせて塾を選ぼう

タイプに合わせて塾を選ぶここでは大手の塾と小規模(地域密着型)の塾、そして集団指導の塾と個別指導の塾に分けて、特徴をご紹介します。

それぞれの塾のメリットとデメリット、目的やその塾に向いている子どものタイプを確認し、塾を選ぶ際の材料にしてください。

 

 

 

 

 

大手の塾

【メリット】

・難関校、有名校への合格のノウハウがある

・志望校別にコースが設けられており、対策が十分に行われている

・学力別にクラス編制が行われているため、自分に合ったレベルで授業が受けられる

・生徒数が多いため、刺激を得られる

 

【デメリット】

・レベルの高いクラスに指導力の優れた講師が集まる傾向にある

・生徒数が多いため、一人一人の対応が手薄になりやすい

・校舎や教室によって指導力にばらつきがある

 

【目的・向いている子どものタイプ】

・難関校、有名校を志望している

・競争相手がいる方がやる気が出る

 

小規模(地域密着型)の塾

【メリット】

・地元大学の対策が充実しており、情報も豊富

・一人一人に丁寧なサポートをしてくれる

・大手に比べ、アットホームで穏やかな雰囲気

 

【デメリット】

・大手に比べ、進路指導の経験や情報量、実績が少ない場合がある

・生徒同士の競争心が生まれにくい

・過去の試験を分析して作成された模擬試験を受けられない

 

【目的・向いている子どものタイプ】

・地元の大学を志望している

・周囲に影響されることなく、モチベーションを維持できる

 

集団指導の塾

【メリット】

・同じクラスの友人から刺激を受け、切磋琢磨し合うことができる

・受験までのカリキュラムがしっかりと作られている

・個別指導に比べ、費用が安い

 

【デメリット】

・大勢の前で質問できない生徒は、分からないままになってしまう可能性がある

・授業についていけなくなると、挽回が困難

・過度な競争意識が生まれることがある

・カリキュラムによっては部活や習い事との両立が難しい

 

【目的・向いている子どものタイプ】

・授業内容に遅れずについていける

・切瑳琢磨し合える友人を得たい

・大勢の前でも発言できる

 

個別指導の塾

【メリット】

・分からないことはすぐ質問できる

・それぞれの生徒の学力や部活、習い事などを考慮したカリキュラムが組める

・講師との距離が近い

 

【デメリット】

・切磋琢磨し合える友人を作りにくい

・講師となれ合いになってしまう可能性がある

・集団指導に比べ、費用が高い

 

【目的・向いている子どもタイプ】

・自分のペースで勉強したい

・遅れている教科を取り戻したい

・大勢の前で発言することが苦手

 

おわりに

大学受験のための塾の選び方についてご紹介しました。

塾はタイプによって特徴が異なるため、「誰にとっても良い塾」というものは存在しません。我が子に一番適した塾を選ぶことが重要です。選んだ塾が本当に子どもに合っているかどうか不安な場合は、塾での学習と合わせて自宅でいつでも利用できるスタディ・タウンのようなネット講座(Eラーニングシステム)を活用すると良いでしょう。

今回ご紹介した記事を参考に、後悔しない塾選びを行ってください。

 

bnr_728_90(media)

▼大学入試で勝てる!関連記事はこちら

【大学受験】大学入試は英語できまる!長文読解力を上げて合格を勝ち取る方法

【大学受験】長文読解が苦手な原因!英語と日本語の「語順」

20点プラス!成績の伸びる模試の活用法

偏差値が上がらない、たった1つの原因とは?

大学入試直前期・やってはいけない!3つのこと

【高1・2生】現役合格に必要な2つのこと

長期休暇を最大限に活用するためのスケジューリングの3つのコツ

 

スタディ・タウン高校生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。