2015.08.02中学受験

志望動機がポイント?中学受験における願書の書き方<写真・志望理由・特技>

Pocket
LINEで送る

中学受験における願書の書き方一心不乱に勉強に励んできた中学受験生も、年が明ければ入試を迎えます。1月に入試を実施する学校は12月から願書の受付を始めます。どの家庭も悩んでしまうことが願書の書き方です。初めての受験なら、なおさらご両親もどうしたらいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。今回は中学受験における願書の書き方についてご紹介します。

handa_300x165-01 

【証明写真】フォーマルな服装、きちんとした髪型で

証明写真フォーマルな服装に慣れていないお子さんも多いでしょう。しかし、入学願書は志望中学に提出するための重要書類です。「大切な場ではきちんとした格好をする」ことをお子さんに教える機会だと考え、フォーマルな服装で写真を撮りましょう。証明写真は試験官の第1印象を大きく左右します。中学校の先生の中には、カジュアルな服装の写真を見て違和感を持つ先生もいるようです。服装は白のシャツもしくはブラウスにブレザー、小学校に制服がある場合は制服で構いません。

髪型は前髪が目にかからない程度にして、顔がはっきりと写るようにします。真顔よりも笑顔の方が相手に良い印象を与えられるでしょう。清潔感のある服装や髪型を心掛けてください。また、インスタントの証明写真ではなく写真館で撮ることをおすすめします。インスタントの写真よりも値段が張るものの、写真館で撮った写真は仕上がりがきれいです。

【志望動機】子どもが自分の言葉で伝えられる内容を

理由を明確に書く願書には志望動機の記入欄が設けられています。願書作成の際、悩んでしまうのがこの志望動機です。第1志望校の志望動機は比較的容易に書けるでしょう。しかし第2志望や第3志望中学の志望動機の記入は時間がかかるかもしれません。

志望動機を記入する場合、「どの願書にも同じことを書く」「子どもの意見を無視して親が一方的に志望動機を書いてしまう」ことは避けましょう。なぜ他の中学ではなく、その学校を志望するのかと言う理由を明確に書くようにしてください。面接を実施する中学の場合、子どもが面接官の質問に対して自分の言葉できちんと答えられることが重要です。志望校にどのようにアピールするのか親子で作戦を練って臨みましょう。

 

【特技】今までの子どもの活動を振り返る

スポーツでの実績中学受験の願書の中には、「特技記入欄」が設けられている場合があります。英検・数研・漢検などの資格記入欄とは別にこの欄が設けられている場合、何を書けば良いのか迷ってしまうのではないでしょうか。この特技記入欄は受験する学校によって重要度が異なると言われています。全く合否には関係がないので何を書いても構わないという学校もあるようです。学校説明会で願書の書き方について質問してみてもいいでしょう。

記入の際は、今までお子さんがどんなことをやってきたかを振り返ってみましょう。例えば、絵画・作文などの入賞記録、ボーイスカウト・ガールスカウトでの活躍、スポーツでの実績などを思い返してください。お子さんが面接で特技について質問された際、自信を持って答えられるような記載内容にすることが重要です。

 

おわりに

願書を作成するに当たって、何よりも重要なことは志望中学にお子さんがどんな受験者なのか、どんな心構えで受験に望んでいるのかを正確に伝えることです。受験を有利に進めたいという気持ちのあまり、「こんなことを書いたらプラスになるだろう」「ここがちょっと足りないから少し膨らませて書いてしまおう」という心理が働いてしまうお父さんお母さんもいるかもしれません。

しかし、お子さんがこれから中学に入って3年間を過ごすことを考えて、ありのままの子どもの姿を伝えてください。お子さんが今どう頑張って、どれだけ気持ちを込めて受験に臨んでいるのかを真っ直ぐ、誠心誠意伝えられる願書を作成しましょう。

願書はもちろん、中学受験では勉強面での親のサポートも重要です。スタディ・タウンの映像授業は、中学校ごとの過去問対策を行っています。ただ過去問を解くだけでなく、プロによるきめ細やかな解説があるため志望校合格へと導きます。

 handa_300x165-01

 

 

スタディ・タウン小学生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。