2015.05.18社会人英語

1週間から留学可能!社会人におすすめな短期留学

Pocket
LINEで送る

短期留学ビジネスにおける必要性から、英語の勉強に励んでいる方も多くいらっしゃるかと思います。独学で語学を進めること自体ももちろん大変ですが、実際は言語の習得以上に、異なる習慣を持つ外国人とのコミュニケーションの取り方について壁を感じるものです。そのため、「時間に余裕のある学生のうちに留学しておけば良かった」と嘆く声もたびたび聞かれます。

しかし、まだ諦める必要はありません。

今回は、多忙な社会人でも参加できる「短期留学」についてご紹介します。

 

漫画_728x90

 

どのくらいの期間が必要なのか?

「留学」と聞くと、短期であっても数ヶ月の期間を要するというイメージをお持ちの方が多いかと思われます。

しかし、近年ではあらゆるニーズに応えるため、1週間程度から参加できるプランも増加しています。夏季や冬季の長期休暇を利用すれば、会社に迷惑をかけることなく留学をすることができるでしょう。期間が短い分、最初から最後まで集中して取り組める点も魅力です。

 

「留学」にもさまざまなタイプがある

留学の種類一口に「留学」と言っても、その内容は実にさまざまです。

語学学校に通うスタンダードなプランの他に、教師の自宅にホームステイしてマンツーマンで語学を教わるプランもあります。また、インターンシップという形で実際に働きながら、あるいは団体や施設などでボランティア活動をしながら外国語を学ぶ方も増加しています。

場合によっては、特定の資格取得を目指す「専門留学」もおすすめです。留学の目的に応じて、自分に合ったプランを選択してください。

 

 

留学先はどうやって選ぶべき?

留学先特段希望の留学先がないという場合は、あらゆる国籍の方が生活している国を選ぶのがおすすめです。「人種のるつぼ」と呼ばれるアメリカ・ニューヨークなどの都市が例として挙げられます。

また、留学経験がなく外国での生活に不安を感じているという方は、オーストラリアやカナダなど、留学先として人気の高い国を選択すると良いでしょう。日本人のスタッフや他の留学生が多く滞在しているため、本当に困った際には日本語で相談することができます。

その他、自社の海外進出の状況や、業界ごとの注目度など、将来的な有益性にも配慮した上で候補となる国を厳選していきましょう。

 

必要な事前準備は?

留学の事前準備留学中の限られた時間を活用するためには、渡航前に最低限の語学力を身につけておくことが必須です。闇雲に留学のプランを立てるのではなく、「土台をつくった上で、磨きをかけるために留学する」という心構えを持つようにしましょう。

また、各種手配などの事務的な準備も必須となります。多忙で手続きに時間をかけたくないという方には、研修費・滞在費・航空運賃などがセットになったパッケージツアーがおすすめです。1つの業者に全ての手続きを任せることができるため、最小限のやりとりで準備を完了することができます。

 

 

成功のカギは明確な目標設定

実際に留学のプランを立てる際は、何よりもまず、自身のゴールを明確化しなければなりません。現段階での語学レベル、現地に行って学びたいこと、身につけたスキルの活かし方など、最適なプランを立てるために必要な情報をリストアップすることから始めてください。

高額な費用と貴重な時間を無駄にしないためにも、できる限りの準備を行いましょう。

 

漫画_300x250

 

おわりに

忙しい社会人も参加可能な短期留学について、概要やプラン作成のポイントをご紹介しました。

短期留学に興味をお持ちの方は、今回の記事もご参考に、まずは自身でプランを作成してみることをおすすめします。忙しい合間を縫って身につけた語学スキルを、ぜひ本場でブラッシュアップしてください。

 

 

英会話でキャリアアップしたいあなたへ

▼ビジネス英会話もスラスラでてくる!
http://english.studytown.jp/lp/pc/superspeaking/

 

TOEICで伸び悩んでいるあなたへ

▼リスニング満点続出のヒミツ!
http://english.studytown.jp/lp/pc/manga/superelmer/pre-n/

 

STUDY TOWN 英語のネット講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部

スタディ・タウン学び情報局 編集部です。 小学生から大人まで、みんなに役立つ学び情報をお届けします。